火災保険

火災保険のチェックポイント補償範囲、免責金額とは

更新日:

Pocket




先日こんな事故がありました。

トイレの給排水管の「弁」が壊れており、水があふれ出して木の床を取り換えなければならなくなりました。。損害の程度にもよりますが、火災保険の対象になります。

もし知らなかった人は今一度自分の加入している火災保険の証券を見直してみてください。

火災保険の補償内容を理解する

損害保険金の補償内容の欄に火災、落雷、破裂、爆発、風、雹、雪、物体の飛来・衝突、「不測かつ突発的な事故」という補償内容があるはずです。昔の火災保険にはない場合もありますが。。

そしてどの補償内容が今加入している保険でカバーできるのか○×で表記されています。仮に補償内容が×になっているとその原因でたとえば建物が損害をうけた場合は補償されないということになります。

建物と家財の保険は別物です

仮に建物の火災保険にしか加入しておらず、火事になってみなさんの家が全焼。何もかも焼けてしまいました。

この時火災保険で補償されるのは建物部分だけです。建物の中に置いてあった家具、家電等の損害は残念ながら支払われません。なぜなら家具、家電は建物でしょうか?

違います。家具、家電は家財です。

火事で建物、家具、家電全て全焼してしまった場合、建物の保険にだけしか加入していなければ家財の火災保険金は支払われませんし、家財の保険にしか加入していなければ建物の損害については保険金は支払われません。建物、家具、家電がすべて損害を受けた場合は建物、家財両方の火災保険に加入していなければならないのです。

ちょっとタイトルとは外れましたが、知らない人が多いので建物と家財の保険は別物であるということも意外と知られていないのでここに書きました。





さて本題です。

私自身も何度も火災保険の該当事故がおこって保険金給付をさせてもらっていますが、家が火事になりました。という事例は私自身は経験したことがありません。

支払い事由がもっとも多いのは札幌ならではかも知れませんが、ダントツで雪害です。雪の重さで屋根がへこみ屋根から見ずが漏れてきた。屋根からの落雪で玄関のガラスが割れた。など。

そして次が給排水設備のオーバーフローによる水漏れ。最近突然洪水警報が発令されて、局地的に雷雨、落雷など多くないですか?排水溝が逆流して水が建物内に入ってきて建物に損害を与えた。家財の保険に加入していれば損害を受けた家財の損害もお支払いします。冒頭のケースもこちらの事故ということで給付の対象になりました。

そして3番目に多いのは「不測かつ突発的な事故」です。入居時にベッドを自分で動かそうとしたら重くて落としてしまい床に穴をあけて張り替えが必要になった。こどもが遊んでいてガラスを割ってしまった。などなど。実はそんな事例でも損害保険の支払い事項に該当すれば支払いの対象になるんです。

ただし、なかなか故意か本当に偶然かの判断がつきにくいので、各保険会社、この不測かつ突発的な事故に関してのみ免責額を設定している会社が多いです。

免責額とは

保険の支払いの対象外となる金額の事。免責3万円という表示があったら、損害が10万円だとしたら損害額10万円-免責額3万円=7万円の支払いになります。

ただ、この不測かつ突発的な事故について説明をして、知識をつけても建物と家財が混同してしまう人がいます。

うちの子がランプスタンド倒しちゃったの。。火災保険で出るんですよね!あの、、建物の火災保険にしか入っていませんので対象にはなりませんよ。

建物と家財の保険の違い、火災保険の補償範囲を大まかですが解説させてもらいました。

あと、最期の方で触れましたが免責額というのも意外といざ保険事故があって給付となった時には意外とクセモノです。

火災、落雷、破裂、爆発、風、雹、雪、物体の飛来・衝突の各補償内容にそれぞれ免責額が設定されている場合があります。これも保険証券の損害保険金の補償内容の欄に記載されていますので十分に確認をしてください。

こちらが払う保険料を安くしたいのは誰しもがそうしたいところですが、免責額はいざ給付の時にもめる原因にもなります。

基本的に免責はゼロにするのが望ましいと思いますよ。








-火災保険
-

Copyright© FP(ファイナンシャルプランナー)をもっと身近に|札幌のFP金子 賢司 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.