賃貸アパートやマンションの火災保険入るべき?いらない?相場とその役割

賃貸アパートやマンションの火災保険入るべき?いらない?相場とその役割

賃貸 アパートの火災保険が切れちゃって、大家さんが更新しろってうるさいの!これって強制で加入するんですか?入らなくていいんじゃないんですか?

賃貸アパートや賃貸マンションの保険は必要か?

apart
Unsplash / Pixabay

アパートやマンション賃貸住宅や戸建の借家では重要事項説明や契約書の中で火災保険への加入が義務付けられているのがほとんどです。

しかし、、実際は火災保険に加入しなくても法律上罰せられるわけでも逮捕されるわけでもありません。

ただもしあなたが大家さんだったら、万が一出火させた場合に対してなんら無頓着な人がもし住みたい!と言ってきたらどうですか?

私ならちゃんと備えてくれる人に入居してほしいと思います。

賃貸の火災保険に入らないという選択肢はアリか

入居の際は火災保険への加入をすること。

という条文が重要事項説明の中にあることに違法性は全くありません。

同意できないなら住まないでくださいということになります。

ということで、入居の時はみなさん火災保険に加入をします。

自分のものではない借りている部屋に住んでいながら、

何か事故を起こした時の備えをしていないというのは

NGです。

入居した時は、いろんな手続きや支払があって、何が何だかわからず火災保険にも

なんとなく加入しています。

しかしこういった火災保険は2年で一区切りというのが一般的で、

入居しているうちにいつの間にか保険も切れている。

これは結構よくあるケースです。

法律で入らなかったからといって罰せられるわけではありません。

火災保険への加入は入居するときの条件になっているケースがほとんどなので、

更新の案内がきたら再度火災保険を更新するのが入居者の当然の義務です

 

アパートの保険の3大機能

idea
Comfreak / Pixabay

 

 

①入居した方が持ち込む家財が損害を受けた場合の火災保険としての機能

自分の持ち物に関する保険

 

②部屋から出火して壁や床を焦がして、大家さんから賠償責任を問われたときの「借家人賠償(しゃっかにんばいしょう)」としての機能

大家さんに対して弁償するための保険、建物に損害を与えた時はここから支払ます。

 

③個人賠償責任保険としての機能

②の大家さんへの賠償(自分の部屋に損害を与えたとき)とは別に、他の入居者に迷惑をかけたきの保険が個人賠償責任保険(日常賠償責任保険)と言います。

洗濯機のホースがはずれて水があふれ、下の階の人の家具や家電をびしゃびしゃにしてしまった時などが該当します。

この①~③の補償がセットになっています。

この3つがセットになっていることで、自分の持ち物、大家への補償、他の入居者の方への補償。全てバッチリ!となっているのです。

火災保険という商品名で加入をするのですが、この賃貸アパートの入居時に締結する火災保険は、

実はこの保険は2番の借家人賠償と3番の個人賠償責任保険がメインです。

入居している人は火事なんか起きて自分の家のものが焼けたって別にいいよ・・という人もいるかも知れません。

③の日常賠償責任はこんな機能もあります

子供が車の中で吐いた(嘔吐)|他人の車なら日常賠償責任保険の出番です

自転車保険の最小範囲ならこの特約で賄えます

自転車保険の義務化にむけて・・加入にあたり注意するべきこと

 

はいその通りです。

大家さんだって住んでいる人の家財が災害にあって損害を受けたとしても、

何もいたくないのでそんなことは全く心配していません。

問題は大家さんは自分の持ち物(建物やアパートの部屋)に

入居者が傷をつけたり、火事で焼いてしまったりしたら困るから・・・

そして、ほかの入居者に迷惑をかけて

大家さんは住民同士の金銭的なトラブルに巻き込まれたくないから

加入を強制しているのです。

 

賃貸の火災保険の相場

geralt / Pixabay

 

この賃貸アパートやマンションの保険は2年で契約するのが慣習になっています。

賃貸アパートやマンションの火災保険の相場

木造と鉄骨または鉄筋コンクリートの建物かで異なります。

木造鉄骨・鉄筋コンクリート
20000~30000円/2年分10000円/2年分

※地震保険は未加入の場合(地震保険は付加することができます)

一時的な出費がツライという方・・

1年契約でも毎月1000円位の月払いやそれ以下の保険料で加入しても問題ありません。

ただし支払方法は口座引き落としやクレジットカードでの毎月払いが原則です。

解約の時も解約の手続きをしないと延々と引き落としが続くので注意です。自分の解約の連絡し忘れは、返してくれと言っても返ってきませんので注意です。

 

 

なんでじゃあ2年契約が一般的なの??

正直担当は入居の申込、そして退去の解約処理など手続きの頻度も多く、

個々の状況に合わせてプランニングをするのが面倒!というのが正直なところです。

毎月の保険料を口座引き落としにして、

その人の口座にお金がなく保険料の引き落としにならなかったときは

催促の電話をしなければなりません。

ようするに保険会社やその担当が面倒だからです。

毎月支払の方が、月々の支払金額は抑えられますが1年分や2年分とまとめて払った方がトータルでは金額が安いことも知っておきましょう。

賃貸用の火災保険を分割にする場合は、

定期的に2万、3万という金額がかかるよりか少額で毎月口座引き落としの方がいいという方にはオススメの支払方です。

 

大家さんからのお勧めでなくて、自分の知り合いからでも加入できます

賃貸であれば、アパートであろうがマンションであろうが、

賃貸であればこの保険には加入することをお勧めされます。

なぜなら、賃貸で家賃を払っている場合、建物はみなさんのものではなく、大家さんのものだからです。

自分の持ち物ではない建物に損害を与えた場合は人のものを破損してしまったという扱いになるので賠償責任保険(相手に弁償する保険)が必要になるのです。火災保険と言いながらも、この保険は賠償責任保険がメインです。

大家さんのいいなりになるのはいやという気持ちだけなら、せめて自分の知り合いからこのアパートの保険に加入をして大家さんを安心させてあげた方が良好な関係を作ることができいます。

賃貸の火災保険は家財保険といわれることもあります

この保険は家財(家具や家電製品など)の火災保険といわれることがあるので、

これをお勧めされても自分なんてたいして財産もないんだから火事でやけたら焼けたで何とかするよ・・

と思うため、この保険が重要という認識がない場合があります。

前述で説明しましたが、大家さんにとっては入居者の財産がどうなろうと正直どうでもよく心配しているのは大家自身の持ち物である建物に損害を受けた時、または他の住民に迷惑をかけた時のトラブルが嫌なのです。

家財保険と言いながらも、大家さんが加入してほしいのはこの保険の特約の借家人賠償責任保険と、日常賠償責任(個人賠償責任)保険なのです。

家財保険に入ってと言われて仕方なく安く自分でネット保険などで済ませた結果、この借家人賠償と、日常賠償責任がついてないケースがまれにありますので要注意です。

自分の家財の心配をしてくれるなんておせっかいな大家さんだな・・ではないのです。

賃貸の火災保険に加入しなかった場合のトラブル事例

火災保険は火事になった時だけではありません。支払いの要件は様々です。

正直火事で保険金を払った事例は私は過去に数件しかありません。それ以外の事故が多いのです。

その事例の1つのトラブル事例を挙げさせていただきます。

とくに賃貸アパート向けの火災保険は2年に一度の更新が一般的。

入居の時は一度にお金がでていくので、火災保険の1万、2 万はスパッとはらってしまいます。

しかし2年が経過して、火災保険が満期になるといつしか火災保険に加入をしていることも忘れ、更新の連絡が来ても保険会社ときくだけでなんだか勧誘されそうだから手紙も電話にも無反応。

私はしっかりしている性格だから、事故なんて起こさない。そんな過信もあったのかもしれません。

いつしかその火災保険は満期を迎えていました。保険が切れている状態です

賃貸アパート、マンションの火災保険、一番多い事故は水漏れ

さてある日酔っ払って帰宅したAさん、まっすぐ歩くこともできません。

とりあえず化粧だけは落としてなんとか眠りにつきました。

起きると誰かがドアをノックしています。

下の階の住民でした。お宅から水が漏れてウチの部屋に水が漏れて来ているんだ!

顔を洗って、化粧を落として眠りに付きました。なぜ??水を出しっぱなしにしたうえ、化粧水をつけたコットンが排水部分に詰まっていたのです。

気づいても後の祭り。よくよくみたらあたりはずぶ濡れ、Aさんは真っ青でした。

さらに、壁や床の張り替え費用も大家さんから請求がきました。

しかし、Aさんは火災保険は火事の時しか給付がなく、火事なんて起きないと思い火災保険をないがしろにし、大家さんにも加入をしているとウソをついていたのです。

大家さんもフォローしてくれません。

最近の被害者は必ず知恵をつけて来ます。被害者の家財はあれも濡れた、これも濡れたとリストアップし、大家さんの被害額も含め最終的な請求額は300万円近くになりました。

まさか!でも残っているのはAさんの水漏れでしたの階の人に迷惑をかけたという事実だけで、被害者にそんなに多くの損害が出るはずがない!と証明できるものはないのです。

分割でこの人は300万を払うことで折り合いがついたそうです。火災保険なんて御守りで使うことなんてないわ・・とタカをくくったばっかりにこのようなことになりました。

自分がそんなことするわけない・・と誰もが思っています。でも実際に事故が起こったときにみんな必ず言うのが、まさか自分が・・
という一言です。このことを踏まえて、今一度検討をしていただければと思います。

賃貸アパートやマンションの保険に地震保険は必要か?

賃貸アパートやマンション住まいに地震保険は必要か?