札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

賃貸の火災保険は入らないでいいか、強制で加入か?保険料の相場はどれくらい?

      2017/02/16






賃貸 アパートの火災保険が切れちゃって、大家さんが更新しろってうるさいの!これって強制で加入するんですか?入らなくていいんじゃないんですか?

賃貸住宅での火災保険は加入が義務付けられていることがほとんどです

Unsplash / Pixabay

賃貸住宅では重要事項説明や契約書の中で火災保険への加入が義務付けられているのがほとんどです。確かに、、実際は火災保険に加入しなくても法律上罰せられるわけでも逮捕されるわけでもありません。

ただもしあなたが大家さんだったら、万が一出火させた場合に対してなんら無頓着な人がもし住みたい!と言ってきたらどうですか?私ならちゃんと備えてくれる人に入居してほしいと思います。

入居の際は火災保険への加入をすること。という条文が重要事項説明の中にあることに違法性は全くありません。同意できないなら住まないでくださいということです。

こういった火災保険は2年で一区切りというのが一般的で、入居しているうちにいつの間にか保険も切れている。これは結構よくあるケースです。

今回のように大家さんが気づいて火災保険にちゃんと入ってください。と言ってきた!というのはむしろ大変管理能力のある大家さんと言えるかも知れません。

更新期間になると、申込書が部屋に送られてきて本人の自署の欄にえんぴつで「まる」がついていて、ここに署名して、確認事項のはいに全部チェックをして添付の封等で送り返してください。

保険料は期日までにこちらの口座に入金をお願いします。

たったこのやりとりだけで継続契約が終了。そしてさらにあと2年間、保険が継続する。という流れがほとんどかと思います。したがって、この入居時の保険が何のためにかけているものなのかよくわからないという人がほとんどかと思います。




賃貸用の火災保険の機能は大きく3つあります

Comfreak / Pixabay

  1. 入居した方が持ち込む家財が損害を受けた場合の火災保険としての機能
  2. 部屋から出火して壁や床を焦がして、大家さんから賠償責任を問われたときの「借家人賠償(しゃっかにんばいしょう)」としての機能
  3. 洗濯ホースがはずれて水浸しになり、下の階の入居者に損害を与えた場合などの「個人賠償責任」としての機能

この3つがセットになっています。火災保険という商品名で加入をするのですが、実はこの保険は2番の借家人賠償と3番の個人賠償責任保険がメインです。入居している人は火事なんか起きて自分の家のものが焼けたって別にいいよ・・と思っているかも知れませんが、大家さんは自分の持ち物に入居者が傷をつけたり、火事で焼いてしまったりしたら困るから・・・そして、ほかの入居者に迷惑をかけて大家さんは住民同士の金銭的なトラブルに巻き込まれたくないから加入を強制しているのです。

賃貸用の火災保険は実はフリー設計が可能

geralt / Pixabay

賃貸用の火災保険はなぜか2年で一区切りなのですが、実は必ず2年で契約する必要もありません。

火災保険の保険料は住んでいる物件がアパートか鉄筋コンクリートや鉄骨かで保険料が変わります。木造なら相場は20000円~30000円。鉄筋コンクリートや鉄骨造りの住宅では10000円~20000円が相場です。(地震保険がない場合)

この火災保険は通常の火災保険をパッケージ化しただけで、フリープランで造ることもできます。保険金額さえ大家さんが納得してくれれば、1年契約でも毎月1000円位の月払いでも加入ができるのです。何気なく加入してしまうこの賃貸アパート入居時の火災保険実は大変便利な商品なのです。ただ入っているというのは非常にもったいないですよ。

個人賠償責任保険(日常賠償責任保険ともいいます)も実はかなり使い勝手のよい商品です。↓↓

自転車保険と個人賠償責任(日常賠償責任)保険








 - 火災保険, 賠償責任保険

by Kenji.Kaneko