ファイナンシャルプランナー(FP) FP 独学 ファイナンシャルプランナー

CFPとAFPどう違う?

更新日:

Pocket




AFP、CFP|どちらもファイナンシャルプランナー資格だけど何の略

AFP=AFFILIATED FINANCIAL PLANNNERの略です。レベル的にはFP技能士2級と同等の知識を有しています。

CFP=CERTIFIED FINANCIAL PLANNNERの略です。レベル的にはFP技能士1級と同等の知識を有しています。

 

AFPやCFPが日本FP協会系列の資格。

FP技能士1~3級が金融財政事情研究会(通称きんざい)系列の資格です。

AFP、CFPを目指すにしても、FP技能士2級、1級を目指すにしても・・

FP技能士3級を取得するという点は共通しています。(実務経験が2年以上ある人は3級は受けなくてもOK)

FP3級⇒FP2級とAFPが同等⇒FP1級とCFPが同等の資格といえます。いや!AFP、CFPの方が問題が実務的だ、FP1級、2級の方が高度だ・・との意見はありますが、、あくまでも言っている人の主観であります。私は同等と考えます。

とりあえずFP資格で上を目指す人はこのファイナンシャルプランニング(FP)技能士3級に合格することからスタートです。

AFP、CFP共通する最初の関門はファイナンシャルプランニング技能士(FP)3級

AFPにしても、ファイナンシャルプランニング技能士にしても、最初に受けるのはどちらもこのファイナンシャルプランニング技能士3級試験です。

3級はふたを開けてしまえば優しい問題ばかりですが、全くはじめてテキストを開く方は、言葉の意味がわからず、第一号被保険者だとか、国民健康保険と健康保険、国民年金に厚生年金などなんだか区別がつかずにちんぷんかんぷんになってしまうと思います。

でもそこはあきらめずによくよく言葉の意味をおさえてしまえば、比較的問題自体は簡単な問題が多いので、パスできるはずです。

言葉は難しいですが、四択ですし60%正解すれば合格できます!FP技能士3級の合格率は非常に高いのであきらめずにまずは受験してみ迷う。

今はCFPになりましたが、当時ファイナンシャルプランニング技能士試験2級に落ちた私、、

FP技能士3級は比較的容易に合格できますが、2級はちょっとだけ難しいです。私自身ファイナンシャルプランニング(FP)技能士2級を受験した時、私は一度この試験で学科不合格をくらっています。

そして2回目の受験で学科のみ合格、そして次の回に実技合格とまあ、なんとものんびりペースでやってきたわけです。。

FP技能士2級に合格してからが分かれ道

そしてそのままファイナンシャルプランニング(FP)技能士1級をと思ったのですが、この試験の実技試験はなんと札幌開催が無かったのです!!

実技試験は受験料だけで(学科うかってから考えろよ。。と今考えたら思いました。)当時25000円!!

そして東京への出張など考えたらどうもその時尻込みしてしまい、重ねて1級試験の難易度は2級までの試験とは比較にならないほど難しかったのです。

したがって私の場合はFP技能士1級を諦め、CFPを目指すことにしました。

しかしCFP資格を取得するにはAFP資格をまずは取得しなければなりません。

そしてAFP資格を取得するにはFP技能士2級の試験に合格しなければなりません。

FP技能士2級の試験に合格をして、FP協会が認定したスクールで受講して課題を提出して合格すればAFPに認定されて、CFP資格を手にすることができるのです。

 




AFPとCFPの難易度

難易度を数字で表すとしたら、あくまでも私の主観ですが、1級とCFPをレベル10としたら、2級、AFPはレベル5、3級は1か2というところでしょうか?それほど難易度に差があると私は思いました。

私は1級試験をあきらめていたところ、いろいろな人に出会う際の名刺交換でAFP.CFPの存在を知ります。

AFPはファイナンシャルプランニング(FP)技能士2級と同等の資格。CFPはファイナンシャルプランニング(FP)技能士1級と同等というではないですか!!

2級は合格したので、試験免除でAFPはレポートと課題提出で取得することが可能です。

そしてCFPは科目試験で6科目全て合格すれば、実務経験があれば東京に行かなくてもなれるということで私はこちらの方がいいなあと思いCFPを目指したというだけの話なのでした。

ただ実際にCFPになってみて、6科目の問題集とテキスト代金や取得までの時間(まる2年)を考えたら、どちらでもよかったなあ。と思っています。

よくファイナンシャルプランニング(FP)技能士1級とCFP試験はどちらが難しいか?と比較されますが、6科目がまとめて出題されるファイナンシャルプランニング(FP)技能士試験と課目ごとに合格して6課目もあるCFP試験。

内容自体の難易度は大差がないと思いました。

そして、1級実技の試験代金も、6課目のテキスト代金を考えたらさほど変わらないかなというなんとも歯切れの悪い結論です。

スイマセン。

率直に言って6科目あって1科目ずつコツコツ合格を積み重ねられて、実技試験のないCFPか(エントリー研修というものはありますがこれはFPとしての心構えを学び直す研修であり、試験というものではないと私は思っています。)、1度の試験で一発合格できる(実技はありますが)FP1級かライフスタイルや勉強できるスケジュールに合わせてどちらを受けるか検討するとよいでしょう。

どちらが上、下もありませんし、ファイナンシャルプランニング(FP)技能士は民間資格、AFP,CFPは国家資格ですが、難易度的には全く同等だと私は思います。

1級やCFPは大変難易度が高いですが、是非挑戦してほしいと思います。

AFPとCFPはレベルが違います。

提案する情報量なども雲泥の差があります。

保険会社などの営業で持っておいた方がいいという感覚ならAFPまででよいでしょう。

独立してファイナンシャルプランナーとして相談料で食べていくとなるとCFP資格は必須と考えます。

資格があればいいという問題でも決してありませんが、よくよく考えればCFPは税理士や社労士ほど難易度の高い資格でもありません。

CFP程度の資格が取れないくらいでは、独立してコンサルティングをしていくというのは難しいでしょう。

 








-ファイナンシャルプランナー(FP), FP 独学 ファイナンシャルプランナー

Copyright© FP(ファイナンシャルプランナー)をもっと身近に|札幌のFP金子 賢司 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.