粉瘤(ふんりゅう)は民間の医療保険の対象になるか?

粉瘤(ふんりゅう)は民間の医療保険の対象になるか?

粉瘤(ふんりゅう)は民間の医療保険の対象になるか?

私過去にこの粉瘤ができたことがあり、医療保険では意外とモメる手術なので記事にしてみました。

粉瘤とは

良性の皮膚主要です。(表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ))アテロームとも言われるようです。角質や皮脂の塊で、鼻に良くできる角栓のようなものです。

それが私の頭の後頭部あたりにできてしまい、後頭部が近くでみるとボコっと出っ張っているような出来物に成長していました。

お医者さんからアテノームといわれ、正式名称も腫瘍とのことだったのでメラノーマと勘違いしてとても当初は落ち込みました。アテノームは良性で命に別条はありません。

でも大きな塊が後頭部にできてしまい、皮膚を引っ張って頭全体を締め付けられるような感覚になるため、やっぱり取ってほしいなぁということで手術に行くことにしました。

皮膚の内部にできてしまうので、切除しないと取り出せないのです。

粉瘤切除にかかる費用

治療自体は手術代も含めて、健康保険適用30000円くらいで済みました。

金額的にも大したことなかったのですが、手術もうけたので、民間の医療保険に請求をしてみました。

私の場合は支払対象となり、手術給付金を確か5万円受取りました。

あっ医療保険入っていて良かった!!

と私は初めて思った瞬間でした。

nurse
voltamax / Pixabay

粉瘤は民間の医療保険の手術給付金対象にならない場合もあります

実はこの粉瘤が保険会社によっては対象にならないケースがあります。

保険会社の医療保険の手術給付金の表現に注意

医療保険の手術給付金の支払い対象となる手術の表現に

①「約款所定の88種または89種の手術」

と記載されている場合と

②「公的医療保険の対象となる約1000種の手術」という表現になっている場合があります。

①は最近では91種と記載されている保険会社もあるようです。

私の場合は②のタイプに加入しており、支払われました。粉瘤の手術をして、入院も何も必要なかったのでここも給付になるかどうかの分かれ目です。

①のタイプは詳細は各保険会社の約款を確認していただきたいのですが、そこに記載されている以外の手術は実は対象にならないケースが多いです。

ただそうはいっても、該当する手術は約600種なので大抵の手術はカバーされます。

また手術をして、入院をしないと手術給付金が受取れない保険会社もあります。

私の場合は自分の取り扱っている医療保険が、入院をしないでも手術給付金が受取れるタイプのものだったので受取ることができました。

ここまで医療保険を細かく見ることは個人ではなかなか難しいと思います。

大きな手術だけカバーしてくれればいいよと思うか?

せっかく医療保険に加入しているんだから、ちょっとした手術でも保険金は受取りたいと思うか?

できればそこのニーズもはっきりさせて医療保険は選びたいところです。

公的医療保険の対象となる約1000種の手術だからといって、なんでも健康保険の対象になれば支払われるというわけではないこともご了承ください。

この記事の著者

金子賢司(かねこけんじ)CFP資格所有者

これまでに1000件以上の家計の相談や住宅ローン、生命保険の相談に携わる。UHBなどテレビのコメンテーターや確定拠出年金、イデコのセミナー等年間50回程度のセミナーを行っています。 LINE@dli3529l Twitter @NICE4611 金子賢司 公式HP