医療保険

病気があっても入れる医療保険

更新日:

Pocket




生命保険の中でも医療保険の競争が激化しています

ThomasWolter / Pixabay

各生命保険会社は医療保険を続々よい商品をだしてきてあとだしジャンケン状態。つぎからつぎへと二ーズにあった特約が生まれなによりも保険料が値下がりしています。特に需要の多い年齢30~50代の女性に関してはとりわけ安く設定していたりピンポイントでターゲットを絞って保険料を設定している保険会社もあります。

 

告知緩和型医療保険とは

Rohvannyn / Pixabay

難しそうな商品名ですが、最近の病気でもはいれる医療保険というのは告知緩和型医療保険といいます。よく読むと告知緩和した商品というそのまんまの医療保険なのです。
告知を緩和するというのはどういうことでしょうか?医療保険だけではありませんが、生命保険に加入する際には、
現在の健康状態を契約者さまに告知をしていただくのですが、しかし、健康状態によっては告知をした結果保険には入れないことがあります。保険に加入することができないということは、万が一の時の入院や遺族が死亡した場合、健康保険または年金以外からそして保障をうけることができないことになってしまいます。

持病や既往症があっても加入できる保険のことを言います

3dman_eu / Pixabayあ

睡眠薬などを飲んでいる場合、一般的には生命保険には入れません。医療保険に入りたいのに、睡眠薬を飲んでいる限り保険に入れない。ほとんどの保険会社は引き受けてくれないでしょう。またうつ病の方など精神疾患の方も通常の医療保険に加入することは難しいです。それでも医療保険の加入を希望する方向けの保険がこの告知緩和型医療保険なのです。




告知緩和型医療保険の出番です

通常の医療保険よりも健康状態の確認が必要な告知項目を少なくしたもの・・・すなわち告知内容を「緩和」して、入りやすくした医療保険。簡単にいうとこれが告知緩和型医療保険というものです。
通常では加入できない方を引き受けるのですから、その分毎月の保険料は多くはらってくださいねーという仕組みになっているわけです。
したがって、通常の医療保険よりかは割高になっています。

MianShahzadRaza / Pixabay

保険会社は高齢者をターゲットにこの商品の拡販を呼び掛けています。

何故でしょうか??純粋に持病がある可能性が高く、入院した時の万が一に備えてほしい!そのような思いもあるかも知れませんが、
一方で加入する際の月々の保険料が通常の医療保険よりも高い。というのがミソです。ようするに。単価が高く保険会社の売上を上げるのに効率的なのです。高齢者をターゲットにしなさいと裏では声を上げている保険会社の人間もいます。高齢者に短期払いをおすすめして保険料を上げて成績を稼ぎましょう。ということです。ちなみにとある保険会社の医療保険は80歳で加入することができますが、(原状85歳まで加入できるものがあります)
80歳で加入できる告知緩和型医療保険は60日型で、日額5,000円で終身払いで

 

なんと!

 

月10,685円!!

 

かりに90歳まで生きたら、払込金額は

 

128万円!!

 

この金額をどう思うかはみなさん次第です。

 

75歳をすぎて後期高齢者医療に加入している方は、医療費の負担は1割負担(一部除く)であります。はたして毎月医療保険の保険料をはらって、この先,医療費は将来いくら使うのでしょうか??それは誰にもわかりません。これから先この告知緩和型医療保険に加入をして、一体いくら払うのか?あの営業の人が何回も足を運んでくれるから、、、という理由だけで加入をすると本当に保険料をむしり取られてしまいますよ。ダメな商品とはいいませんが、採算を考えた上でよく考えて加入しましょう。




-医療保険
-

Copyright© FP(ファイナンシャルプランナー)をもっと身近に|札幌のFP金子 賢司 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.