FPに保険を相談するメリットは?

FPに保険を相談するメリットは?

FP(ファイナンシャルプランナー)といえば?

一時期ほんとうに悩んだこともあったのですが、名刺等をお客様にお渡しすると

「ああ!ファイナンシャルプランナーね!保険の仕事ですよね」

とだいたいいわれます。

たしかに保険も取り扱っていますが、それだけではありません。

保険会社の営業が、保険を販売するためには社会保障や税金についても詳しくなければ

保険についてのアドバイスができないということで、各営業職員がFP資格を取得

するよう保険会社も推奨しています。

とにかく保険会社の営業職員は人も多いうえ、営業なので名刺をたくさん配っているので

FP(ファイナンシャルプランナー)という資格を有名にしているので感謝しています。

ただ、本来FPは保険だけではなく、住宅ローンや資産運用、相続、不動産などたくさんの相談業務を受けることができます。

得意、不得意はあるにせよ、各科目の勉強はしているので実務も少し調べればどの分野も対応することができるはずです。

独立型FPと企業系FP

実はFPにはこの2パターンがあります。

【独立型FP】

完全に個人でFPとして活動しており、相談業務や相談の結果、不動産や保険を販売した時の手数料等で収入を得ているFPを差します。

 

【企業型FP】

企業に属しており、その企業が販売する商品を売るための知識として会社からFP取得を要請されたり、独自で勉強してFPを取得したFPのこと。

insurance-consulting3

独立型FPは通常は相談料がかかる

独立型FPは初回無料だったり、金額の上下はあるにせよ相談だけで原則相談料がかかります。

ところが、みなさんがとある銀行に行きました。

銀行に保険の相談をして、相談料を取られたことがある方はいるでしょうか?

いないはずです。

じゃあ保険の相談なんか誰も独立FPに相談しませんよね。

いえいえ実はお客さまのニーズは全く変わってきています。

私の場合一番相談が多いのは圧倒的に

保険の見直し

なんです。

なぜわざわざお金を払って保険相談に来るの?

保険の営業に相談すればタダで教えてくれるからいいんじゃないの??と思うかも知れません。

ところが保険の営業に相談をしても、その営業の扱っている商品のメリットを強調する傾向があるため

相談したらなんとなく保険に加入しなければいけないんじゃないか?

そして狡猾なセールスならそこをついて、ここまで来たんだから自分から入ってくださいともなりかねません。

でもやはりタダで相談できるメリットの裏には当然そういうことがありますよね。

私も保険会社のライフプラン作成ツールを過去使っていましたが、

保険を販売することが最終目的になっているような使用になっています。

じゃあたくさんの保険会社を扱っていれば公平に見てくれるのでは??

と思うかも知れません。

これは都市伝説ではなくほんとうのことですが、

保険会社からキャンペーンやボーナス等が定期的に行われており、

保険の営業はどうしてもキャンペーンやボーナスのある保険会社を優先しがちです。

insurance-consulting1

保険は自動車保険にしても、生命保険にしてもネット保険にはかないません

これだけははっきりいっておきます。

同じ内容であれば、自動車保険や生命保険等保険料は絶対にかないません。

自動車保険の被保険者の年齢など一部の例外はありますが、ほとんどの方は保険はネットで加入をしたほうが

毎月支払う保険料は有利です。

事故対応が・・

きめ細かいサービスが・・

などと対面募集をしている保険会社や代理店は主張しますが屁理屈です。

どう考えても、保険は同じ内容であればほとんどのケースではかなわないんです。

事故対応もネット保険と代理店型と遜色ありません。むしろネット保険の方が、ダイレクトに

保険会社に伝わるのでスピーディです。

私はこれを保険会社は認めて、新たなる販売携帯やコンサルティング業務にシフトしていく必要があると

思っています

まあこの話しはさておき、

では、ネット保険で一番恐ろしいのは何でしょうか?

ネット保険は自分で設計をしなければなりません。

自分で設計をするということは保険の内容を把握しておく必要があります。

もし、保険の前提条件が間違っていたら・・

もし、肝心な補償がついていなかったら・・

毎月の保険料が無駄なうえ、保険がおりず大損害になりかねません。

これがネット保険最大のデメリットです。

 

しかしながら、今はネット保険でもコールセンターで相談を受けてくれます。

でも、ネット保険の選び方をプロに相談できたら一番効率がいいですよね。

一緒にネット保険の画面を見ながら、いろいろプロに家族構成や年齢、職業等で考えておかなければいけないリスク等

を聞きながら相談すれば保険料も安く補償のかけ漏れもなくなりますよね。

例えば相談料1時間1万円のFPに保険相談をして、2時間コンサルティングをうけたら

20000円です。

でもネット保険に加入をして例えば毎月1000円安くなったら2年でモトが取れます。

保険はずっと払い続けるものです。

加入の前段階でしっかりとお金をかけて払っておけば、帰って割安で加入することもできます。

また割安で加入ばかりではなく、保険料は高くなってしまいましたが肝心の補償のモレが

なくなることも防げます。

安くなった保険料を運用したい。と思ったら運用の相談もできます。

保険商品や運用商品の選定は最終的には自己責任になりますが、独立系FPは相談料でお金を取りますが

その代り公平性が保たれます。

本人は保険に入りたいと思っていたが、実は保険は今あまり必要なく、最低限で予算の残りは運用をした方が

本人にとってはベターな結論になるかも知れないのです。

保険、金融商品という特定の分野でなく、縦断的に考えられるという点も独立系FPの強みでしょう。

ぜひ独立系FPの相談も活用してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人は他にもこのような記事を読んでいます

不動産投資はなぜ生命保険の代わりになるのか?
遺族厚生年金について
こども保険は必要ですか?
メガバンクのノルマ廃止|非効率の温床、銀行業界の今後はどうなる?
生命保険の営業はなぜライフプラン診断を無料で行うのか?
医療保険は定期保険と終身保険はどちらが良いかの考え方
店舗の火災保険は意外と使えない|内容確認が重要です
年金|確定拠出年金(DC|401k)の特徴
FP相談は有料がオススメな場合はこんな時
お金持ちの共通点ファイナンシャルプランナーが教えます
年金は税金が引かれます
配偶者居住権と配偶者短期居住権について
地震保険と火災保険を同額にする方法と注意点
CFPとAFPの違いは何?どう違うの?
iDeCo(イデコ)はどこが一番安い?手数料は必ずかかります
【現役CFPの意見】FPの通信講座は必要か?
スマホ決済|銀行連合VSゆうちょ銀行が同時参入、いつから始まる?
投資信託は手数料が重要です
イデコ所得控除のメリット
CFP資格をラクラク更新、本業に専念しましょう
保険の営業って嫌われるよね・・と思っている方へ
がん保険や医療保険の「がん免責期間」に要注意です
老後2000万不足は楽観論です。老後の「自助努力」に怒っている場合ではない
#採用やめよう、雇われない人生もひとつの選択肢
イデコでじぶん年金を作りましょう|ポータビリティ制度について
ふるさと納税同様に盛り上がりすぎる株主優待
資産運用の初心者にFPが伝えたいこと
医療費控除手続きをマイナンバーでさらに簡素化2021年から