火災保険2019年10月~値上げ予定

火災保険2019年10月~値上げ予定

火災保険2019年10月~値上げ予定

火災保険料が値上げをするのですが、火災は増えているのでしょうか?

火災保険と言いながら、火災はさほど世の中では増えておらず横ばいです。

ではなぜ火災が増えていないので、火災保険料をあげるのと言いたいところですが、火災保険の支払要件は火災だけではありません。

保険会社の支払が横ばいの災害

火災、落雷、破裂、爆発

保険会社の支払が多い年が続いている災害

風災、雪災、雹災、水災

支払が増加している災害

水漏れ、盗難、物体の落下、汚損

特に水漏れは増えています。

これらの損害項目に全てみなさんの火災保険にセットされているわけではありません。火災、落雷・・は補償の範囲だけど、水漏れや破汚損はカバーされない・・なとあり得ますので、お手元の火災保険と照らし合わせてみてください。

さて以前こちらのブログで紹介しましたが、物件の老朽化にともない、ピンホール( 孔食) が各地で多発し始めています。

詳しくはこちらのブログを参考にしてください。

ピンホールの支払事例

あとは凍結も増えています。

ピンホールと凍結による損害、、増えてますね。

ちなみにこれらの損害は破損した給排水管の管そのものは火災保険の対象になりません。

特に2017年と2018年は台風が多く、大きな支払が続きました。

2018年は保険会社の支払額が過去最大となる見込み。

それらの事情を加味して損害保険料率算出機構が基本となる火災保険料を5.5%上げる表明をしました。

これを受けて、じゃあ各保険会社も5.5%上げないといけないの?というと実はそうではありません。あとは各損害保険会社の判断にゆだねられています。

しかし結果

東京海上 6~7%上昇

損保ジャパン5~7%上昇

三井住友海上、あいおい損保 6~9%程度

結果上げる予定みたいです。

ますます懐が厳しくなりますね。今回はまずは情報まで。

この記事を読んだ人は他にもこのような記事を読んでいます

暗号資産はまだまだこれから、新たな暗号資産「リブラ」とは
FPフォーラム2019in札幌開催されました
光熱費を見直して資産運用のお金を作りましょう【電気代編】
地震保険と火災保険を同額にする方法と注意点
個人型確定拠出年金|iDeCo(イデコ)を選ぶポイント、「ウンカン」とは?
CFPとAFPの違いは何?どう違うの?
住宅ローン利用時に火災保険は強制加入なの?
医療保険は掛け捨てと積立タイプのどちらが良い
なりたい職業ランキングをみて思うこと
お金持ちの共通点ファイナンシャルプランナーが教えます
火災保険がでなかった残念パターン4選
投資の初心者におすすめ|少額投資でスタートできる会社を紹介
国債利回り悪化にともなう生命保険の影響
就職活動で自分に取り柄がないと思っている人へ
資産運用|資産配分の考え方
子どもの医療費助成制度も限界に近付いています
賃貸の火災保険を更新し忘れた|安心してください|対処法
空き家の火災保険について
賃貸の火災保険を安くする方法
事業所得の必要経費についてもう少し詳しく解説
個人型確定拠出年金(iDeCo|イデコ)節税の仕組み
日本は金融リテラシーと身に着けて財産を守る必要があります
FPとしての私の使命
賃貸アパートの火災保険、引っ越しをしたらどうするの?
賃貸の火災保険は何でもかんでも出るわけではない
量と質どちらが大切か
アメリカの金利は利下げ方向へ、「催促相場」とは
FPの年収はどれくらい?