札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

タバコ吸ってないと保険料が激安になる商品。生命保険見直しの定番商品「収入保障保険」とは②

      2017/01/10






たばこを吸わない人は死亡、病気になる可能性が低い為、一部商品で割引価格で加入できる「収入保障保険」という商品があります。

収入保障保険の保険料がさらに割安で加入できる人がいます

この収入保障保険、通常の定期保険で遺族の保障金額を用意する際には非常に

合理的な設計で保険料も安くできるのですが、それだけではありません。

健康体割引という制度があります。(ない会社もあります)

 

簡単に言うと、ほとんどの保険会社が以下3つの要素で判断して、

該当すればさらに保険料を割り引きますよ。という制度です。

 

収入保障保険が割引される要件

①たばこを過去1年吸っていない(2年の会社もあります)

②体型は標準体型(BMIが18~27の間)か?

BMIとはボディ、マス、インデックスの略で、体重÷身長の2乗で計算されます。

具体的には私が177センチ、体重が75kgあるので、

75÷(1.77×1.77)=BMIは約23.9

という計算をします。

すいません、、ちょっと太めです。

③血圧は標準数値(目安は下が90未満、最高140未満の保険会社が多い)か?

 

40歳男性、毎月15万円を60歳まで受け取る収入保障保険について、保険料の事例

パターン1

上記①~③の要件をどれも満たさない場合

保険料は6,060円/月

 

パターン2

①は当てはまるが②、③は満たさない場合(非喫煙標準体)

たばこは吸わないが、体型が細身、太めであったり、血圧が多少上下している人

保険料は4,905円/月

 

パターン3

①は当てはまらないが、②、③は満たす(喫煙健康体)

たばこは吸うが、体験は標準体型

保険料は5,895円/月

 

パターン4

①、②、③全て当てはまる

たばこは吸わない、体型も標準体型

保険料は4,215円/月

 

パターン1とパターン4を比較して月保険料の差はなんと、1,845円!!

20年間の定期保険ですから、1,845×12×20=約44万円違います。




パターン1から4をみて気がついた方もいると思いますが、タバコを吸うか吸わないかが保険料に大きく影響しているという事が分かると思います。

 

保険会社によってはパターン1のケースでは保険料がどの保険会社よりも安かったり、

パターン4の健康でたばこを吸わない人への保険料では負けない、、などそれぞれ

得意、不得意があります。

 

保険見直しの定番商品というタイトルで収入保障保険を解説させていただきましたが、

もうひとつ考慮しなければいけない情報があります。

それは

「遺族年金」です

死亡保障の金額を考えるときに、知っておかないと損をする「遺族年金」とは?に続く








 - 生命保険

by Kenji.Kaneko