NISA(ニーサ)|少額投資非課税制度 確定拠出年金(DC)401k

今さら聞けない。NISAとiDeCo(イデコ(個人型確定拠出年金))は併用できます。

更新日:

Pocket





本日も個人型確定拠出年金(iDeCo|イデコ)のセミナーを数回行ってきました。すでに金融機関は申し込みを受け付けており、いよいよ来年の制度開始に向けて各社顧客の争奪戦が始まっています。
確かにiDeCo(イデコ)は魅力的な制度ではありますが、今回2017年1月1日から対象となる公務員の掛金の上限額は月額12,000円、専業主婦は月額23,000円。新聞や雑誌などで大々的に取り上げられているわりにはなんだか掛金が小さくないか・・?

そう思う人もいるかもしれません。ただ、税制のメリットも受けられるので青天井で掛金を認めてしまうと、税逃れでお金を持っている人が掛金を大量に拠出をすると誰も税金を払わなくなってしまいますからね。

NISA(少額投資非課税制度)とiDeCo(イデコ)との併用

そこでNISAとiDeCO(イデコ)を併用することも一つ検討してみてはいかがでしょうか?
似て非なるものですが、それぞれの違いについて簡単に比較して使い分けを皆さんで判断をしていただきたいと思います。
※あくまでもNISAとiDeCOの比較です。その他の金融商品は含んでいないことにも注意をしてください。

NISAは年齢制限なく加入でき、iDeCoは20歳以上60歳未満の人が加入できる

iDeCoは20歳以上60歳未満の国民年金加入者が対象になります。ただし厚生年金加入者(サラリーマン)は20歳未満でも加入できます。19歳未満の人または60歳以上の方が運用をする場合はNISAを活用するとよいでしょう。

税制のメリット

NISAとiDeCo(イデコ)いずれも運用益に関しては税金は発生しません。※iDeCo(イデコ)は1.173%の特別法人税がかかることになっていますが、現在は凍結されています。
iDeCo(イデコ)は所得控除のメリットと受け取り時にも一時金で受け取る場合は退職所得控除、年金形式で受け取る場合は公的年金等控除という大きな優遇措置を受けることができます。

掛金の限度額について

NISAは毎年120万まで、確定拠出年金は公務員は月に12000円なので年間144,000円、専業主婦は月23,000円なので年間276,000円です。

運用益非課税の期間について

NISA、iDeCO共通の運用益非課税のメリットは何年間有効なのでしょうか?
NISAは5年間、確定拠出年金は60歳までなので例えば20歳で加入した方は最大40年。仮に60歳以降も拠出はできませんが70歳まで運用は続けていく場合は50年間優遇措置を受けることができます。

NISAは120万円を上限で5年間非課税になるので、毎年120万円投資をすれば600万円まで非課税枠を利用することができます。

非課税枠の金額のNISA、非課税枠の期間で言えばiDeCoに軍配が上がるというところでしょうか?



運用商品について

運用商品については株式、投資信託など圧倒的にNISAのほうが商品が豊富にあります。ただ、裏を返せば運用をする側にとっては運用者本人の知識が求められるといえるでしょう。
iDeCoに関してはすべて投資信託そして、保険や定期預金といった原則満期まで持っていれば元本割れしない商品もそろっています。
商品は個人型確定拠出年金は10~15本、企業型確定拠出年金では20品前後のなかから選ぶのが一般的です。

安全性について

運用の原則である長期投資、分散投資、積立投資が有効に働いてリスクをおさえた運用ができるのがiDeCo(イデコ)、NISAも積立投資は可能ですが、5年間という短期の間でしか非課税枠が使えないので積立投資で抑えられるリスクは限定的です。NISAは分散投資だけはできるので、iDeCO(イデコ)よりは考え方によってはリスクは高いといえます。

運用の目的

NISAは老後資金、教育資金、住宅ローンの頭金などにも活用できます。しかし非課税期間が短期なので、思ったような成果にならないこともあることは注意が必要です。iDeCo(イデコ)は目的は老後資金の資産形成のみと明確です。そのために60歳までお金をおろせないというデメリットがあります。ただし運用商品によってはリスクがあることに注意が必要です。

どちらもメリットとデメリットあるので一概にどちらがとはいえません。何よりもこの2つの制度は併用ができるのです。
自分に合っている投資方法を見極めて、どのような目的で運用をするのかを考えて最大限、貯蓄から投資へと国が後押しをしてくれているこの2つの制度をフル活用しましょう。もし制度が分からなければ、金融機関の窓口やファイナンシャルプランナーを活用してください。







-NISA(ニーサ)|少額投資非課税制度, 確定拠出年金(DC)401k

Copyright© FP(ファイナンシャルプランナー)をもっと身近に|札幌のFP金子 賢司 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.