札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

老齢厚生年金の繰り上げ支給、繰り下げ支給、在職老齢年金【作成中】

      2016/11/20





老齢厚生年金の繰り上げ支給

繰り上げ支給を受けられる要件

  • 定額部分が支給されていない
  • 特別支給の老齢厚生年金も支給されていない

繰り上げ1カ月ごとに0.5%が減額されるまた、老齢厚生年金の繰り上げ請求は老齢基礎年金と同時におこなわなければならない

老齢厚生年金の繰り下げ支給

  • 老齢年金の受給資格期間を満たしていること
  • 66歳に到達する前に老齢厚生年金の支給を受けていないこと

繰り上げ1カ月ごとに0.7%が増額される。繰り下げとはことなり、老齢厚生年金の繰り下げと老齢基礎年金は同時におこなう必要はなく、どちらかのみ繰り下げて受給することも可能。

 




在職老齢年金

近年は65歳を過ぎても引き続き働くというライフスタイルも当たり前になってきました。

当然自分で稼いだお金ですから年金とは別にその金額も上乗せとなり、生活費として使うことができますよね。ただ、もしとある企業の経営者で、既に年収が2000万円もありさらに年金が受け取れるということであれば、確かに年金は国民に平等に受給できるものではありますがこの年収の人が年金ももらえるというのはなんとなく不公平な気がします。

一定額以上の収入月額をこえると、年金額が調整される在職老齢年金という制度があります。








 - ライフプラン, FP 独学 ファイナンシャルプランナー

by Kenji.Kaneko