教育資金はいくら必要?(教育ローンと奨学金について)

教育資金はいくら必要?(教育ローンと奨学金について)

人生の3大支出という言葉を覚えましょう

人が生きていくうえで大きなお金のかかる出来事が3つあると言われています。
一つ目が教育資金、二つ目が住宅資金、三つ目が老後資金です。
ここではまず教育資金についてみていきます。

教育資金はいくらくらいかかる?

義務教育の時期の教育資金はいくら?

平成28年度、文部科学省「子供の学習費調査」のデータによると教育費の目安は以下のようになります。

公立の小学校、中学校の授業料は無償とはいえ、タダで済むはずもなく・・しかもそれ以外の活動で結構かかっていることがお分かりいただけると思います。

明細は興味のある人だけ見ていただくとして、みていただきたいのは黄色とピンクで塗りつぶされた行です。

学習費総額、学校教育費、学校外活動費の欄ですが、学校外活動費が意外とかかっていることがお分かりいただけるのではないでしょうか?

以下の金額は平均値です。小学校については特に1年から2年、3年と徐々にかかる費用も多くなっていきます。

注)単位:円。「…」は計数があり得ない場合又は調査対象外の場合を示す。

区分 幼稚園 小学校 中学校 高等学校(全日制)
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
学習費総額 233,947 482,392 322,310 1,528,237 478,554 1,326,933 450,862 1,040,168
学校教育費 120,546 318,763 60,043 870,408 133,640 997,435 275,991 755,101
 授業料 62,049 215,933 461,194 425,251 23,368 271,835
 修学旅行・遠足・見学費 2,031 3,895 6,738 41,797 25,038 74,169 34,892 54,096
 学級・児童会・生徒会費 4,705 263 5,055 11,360 3,957 13,326 13,834 19,832
 PTA会費 4,622 5,061 3,405 12,243 3,808 12,479 6,587 14,252
 その他の学校納付金 4,412 37,398 1,628 187,129 6,164 231,232 29,060 193,806
 寄附金 86 278 47 15,290 65 4,508 281 974
 教科書費・教科書以外の図書費 1,092 2,051 2,049 4,512 4,262 11,143 21,513 24,642
 学用品・実験実習材料費 7,484 8,555 17,000 26,411 19,577 26,546 19,149 16,994
 教科外活動費 641 1,910 2,714 12,512 31,319 57,008 44,276 44,764
 通学費 5,355 13,486 1,197 40,638 7,365 77,975 47,552 71,087
 制服 3,657 5,245 2,724 29,917 18,245 43,263 21,088 27,186
 通学用品費 14,388 15,060 13,653 18,762 10,304 14,723 10,517 10,775
 その他 10,024 9,628 3,833 8,643 3,536 5,812 3,874 4,858
学校給食費 20,418 29,924 44,441 44,807 43,730 8,566
学校外活動費 92,983 133,705 217,826 613,022 301,184 320,932 174,871 285,067
 補助学習費 22,777 26,097 83,013 304,859 239,564 204,112 142,702 230,103
  家庭内学習費 12,536 12,966 14,831 45,336 14,347 29,804 14,669 23,019
   物品費 7,110 6,047 8,638 23,040 5,513 14,480 6,365 10,290
   図書費 5,426 6,919 6,193 22,296 8,834 15,324 8,304 12,729
  家庭教師費等 2,514 3,656 9,383 30,958 17,868 23,592 10,513 19,232
  学習塾費 7,216 9,103 56,864 221,534 202,498 143,694 106,767 171,462
  その他 511 372 1,935 7,031 4,851 7,022 10,753 16,390
 その他の学校外活動費 70,206 107,608 134,813 308,163 61,620 116,820 32,169 54,964
  体験活動・地域活動 2,843 3,805 4,851 25,591 3,167 17,560 4,037 8,483
  芸術文化活動 18,306 27,524 34,279 103,590 19,133 43,747 9,836 19,148
   月謝等 11,380 18,531 25,284 70,974 14,673 28,108 6,237 11,888
   その他 6,926 8,993 8,995 32,616 4,460 15,639 3,599 7,260
  スポーツ・レクリエーション活動 26,844 47,402 60,762 87,086 23,075 27,866 7,937 10,626
   月謝等 23,144 42,816 47,415 70,330 11,916 16,999 4,192 6,052
   その他 3,700 4,586 13,347 16,756 11,159 10,867 3,745 4,574
  教養・その他 22,213 28,877 34,921 91,896 16,245 27,647 10,359 16,707
   月謝等 15,071 22,010 27,446 66,854 10,050 15,327 4,211 7,344
   図書費 2,384 2,642 3,012 12,557 2,163 5,390 1,652 3,021
   その他 4,758 4,225 4,463 12,485 4,032 6,930 4,496 6,342

<文部科学省「子供の学習費調査」/平成28年度>

さて、ここまでは義務教育でかかる費用についてでした。

ここからは一番頭のイタイ大学費用のお話です。

大学の学費はいくらかかる?

具体的な金額がテストに出るわけではありませんが、おおよそこれくらいかかるんだなぁというのは実務では重要です。

授業料は毎年かかります。

年度は入学年度、国立大学は国が示す標準額

公立大学、私立大学の額は平均で、公立大学入学料は地域外からの入学者の平均です。

<文部科学省 平成28年度国公私立大学の授業料などの推移>

daigakujyugyouryou

教育資金の準備方法

義務教育もお金がかかりますし、大学は特に高額なお金がかかることがお分かりいただけたと思います。

これはお子様一人あたりの金額になりますので、二人、三人となれば、この金額ば2倍、3倍になっていくのですぐに用意するというのは難しいのではないでしょうか?

そこで早くから積立をして準備をすることが大切です。

教育資金の積立

①学資保険、終身保険

親が契約者になり、毎月積立を行います。子どもが中学校や高校入学、大学入学時などの節目の年齢になると、一時金として、取り決めた金額(30万、50万等)が支払われます。大学入学の時だけ支払われるパターンもあります。

契約者が死亡するとその後の保険料を払わなくてもよく(保険料免除)、なおかつ上記の一時金は受取ることができます。

マイナス金利導入以降、学資保険は払った金額(総払込保険料)に対して、受取れる金額の合計が少ないため人気がなくなっていますが、いざというときの保険料免除を考えると、有効な準備方法と言えるでしょう。

終身保険を使った積立方法も実務では提案されることがあります。終身保険はテストには出ません。

②外貨建て商品や投資信託など

通常の銀行の定期預金という方法もありますが、やはりマイナス金利の影響でほとんどプラスにならないことから(元本割れは金融機関が破たんしない限りはありませんが)外貨建て商品(預金、保険)や投資信託などの商品で用意するケースも近年では多くなっています。

外貨建て商品は日本円以外の金額で預金をする方法です。

外貨建預金(米ドル商品の場合)

1ドル100円の時にお金を100万円預けると、10000ドルで預金をすることになります。通常の定期預金よりも大きな利息が付きます。

しかしこの10000ドルを引き出そうと日本円に替えた時に当時より円高・・例えばドル80円だったとしたら80万円(元本のみで比較)になります。逆にその時に1ドル110円だった時は110万円(元本のみで比較)になります。そしてなおかつ日本円とドルの交換の時に所定の手数料が差し引かれます。

その時の日本円と米ドルの為替次第で金額が変わってくるという、日本円での定期預金よりもリスクがあり、リターンも大きい商品になります。

投資信託は一般的にはNISA等を利用する方法が有効です

上記の外貨建て預金や保険よりもリスクがありますが、少額で大きな金額にする可能性もある商品です。

投資信託は元本を大きく下回る可能性もありますので、商品の中でも比較的リスクの小さい商品を選択するのが望ましいです。

奨学金の利用

毎年教育資金は積み立ててきましたが、実際いざその時を迎えたら以外とお金がかかった。

もう少し何とかしなければという状態になったときは、国や民間企業から教育ローンという形で貸付を受けることができます。