教育資金はいくら必要?(教育ローンと奨学金について)

教育資金はいくら必要?(教育ローンと奨学金について)

人生の3大支出という言葉を覚えましょう

人が生きていくうえで大きなお金のかかる出来事が3つあると言われています。
一つ目が教育資金、二つ目が住宅資金、三つ目が老後資金です。
ここではまず教育資金についてみていきます。

教育資金はいくらくらいかかる?

義務教育の時期の教育資金はいくら?

平成28年度、文部科学省「子供の学習費調査」のデータによると教育費の目安は以下のようになります。

公立の小学校、中学校の授業料は無償とはいえ、タダで済むはずもなく・・しかもそれ以外の活動で結構かかっていることがお分かりいただけると思います。

明細は興味のある人だけ見ていただくとして、みていただきたいのは黄色とピンクで塗りつぶされた行です。

学習費総額、学校教育費、学校外活動費の欄ですが、学校外活動費が意外とかかっていることがお分かりいただけるのではないでしょうか?

以下の金額は平均値です。小学校については特に1年から2年、3年と徐々にかかる費用も多くなっていきます。

注)単位:円。「…」は計数があり得ない場合又は調査対象外の場合を示す。

区分幼稚園小学校中学校高等学校(全日制)
公立私立公立私立公立私立公立私立
学習費総額233,947482,392322,3101,528,237478,5541,326,933450,8621,040,168
学校教育費120,546318,76360,043870,408133,640997,435275,991755,101
 授業料62,049215,933461,194425,25123,368271,835
 修学旅行・遠足・見学費2,0313,8956,73841,79725,03874,16934,89254,096
 学級・児童会・生徒会費4,7052635,05511,3603,95713,32613,83419,832
 PTA会費4,6225,0613,40512,2433,80812,4796,58714,252
 その他の学校納付金4,41237,3981,628187,1296,164231,23229,060193,806
 寄附金862784715,290654,508281974
 教科書費・教科書以外の図書費1,0922,0512,0494,5124,26211,14321,51324,642
 学用品・実験実習材料費7,4848,55517,00026,41119,57726,54619,14916,994
 教科外活動費6411,9102,71412,51231,31957,00844,27644,764
 通学費5,35513,4861,19740,6387,36577,97547,55271,087
 制服3,6575,2452,72429,91718,24543,26321,08827,186
 通学用品費14,38815,06013,65318,76210,30414,72310,51710,775
 その他10,0249,6283,8338,6433,5365,8123,8744,858
学校給食費20,41829,92444,44144,80743,7308,566
学校外活動費92,983133,705217,826613,022301,184320,932174,871285,067
 補助学習費22,77726,09783,013304,859239,564204,112142,702230,103
  家庭内学習費12,53612,96614,83145,33614,34729,80414,66923,019
   物品費7,1106,0478,63823,0405,51314,4806,36510,290
   図書費5,4266,9196,19322,2968,83415,3248,30412,729
  家庭教師費等2,5143,6569,38330,95817,86823,59210,51319,232
  学習塾費7,2169,10356,864221,534202,498143,694106,767171,462
  その他5113721,9357,0314,8517,02210,75316,390
 その他の学校外活動費70,206107,608134,813308,16361,620116,82032,16954,964
  体験活動・地域活動2,8433,8054,85125,5913,16717,5604,0378,483
  芸術文化活動18,30627,52434,279103,59019,13343,7479,83619,148
   月謝等11,38018,53125,28470,97414,67328,1086,23711,888
   その他6,9268,9938,99532,6164,46015,6393,5997,260
  スポーツ・レクリエーション活動26,84447,40260,76287,08623,07527,8667,93710,626
   月謝等23,14442,81647,41570,33011,91616,9994,1926,052
   その他3,7004,58613,34716,75611,15910,8673,7454,574
  教養・その他22,21328,87734,92191,89616,24527,64710,35916,707
   月謝等15,07122,01027,44666,85410,05015,3274,2117,344
   図書費2,3842,6423,01212,5572,1635,3901,6523,021
   その他4,7584,2254,46312,4854,0326,9304,4966,342

<文部科学省「子供の学習費調査」/平成28年度>

さて、ここまでは義務教育でかかる費用についてでした。

ここからは一番頭のイタイ大学費用のお話です。

大学の学費はいくらかかる?

具体的な金額がテストに出るわけではありませんが、おおよそこれくらいかかるんだなぁというのは実務では重要です。

授業料は毎年かかります。

年度は入学年度、国立大学は国が示す標準額

公立大学、私立大学の額は平均で、公立大学入学料は地域外からの入学者の平均です。

<文部科学省 平成28年度国公私立大学の授業料などの推移>

daigakujyugyouryou

教育資金の準備方法

義務教育もお金がかかりますし、大学は特に高額なお金がかかることがお分かりいただけたと思います。

これはお子様一人あたりの金額になりますので、二人、三人となれば、この金額ば2倍、3倍になっていくのですぐに用意するというのは難しいのではないでしょうか?

そこで早くから積立をして準備をすることが大切です。

教育資金の積立

①学資保険、終身保険

親が契約者になり、毎月積立を行います。子どもが中学校や高校入学、大学入学時などの節目の年齢になると、一時金として、取り決めた金額(30万、50万等)が支払われます。大学入学の時だけ支払われるパターンもあります。

契約者が死亡するとその後の保険料を払わなくてもよく(保険料免除)、なおかつ上記の一時金は受取ることができます。

マイナス金利導入以降、学資保険は払った金額(総払込保険料)に対して、受取れる金額の合計が少ないため人気がなくなっていますが、いざというときの保険料免除を考えると、有効な準備方法と言えるでしょう。

終身保険を使った積立方法も実務では提案されることがあります。終身保険はテストには出ません。

②外貨建て商品や投資信託など

通常の銀行の定期預金という方法もありますが、やはりマイナス金利の影響でほとんどプラスにならないことから(元本割れは金融機関が破たんしない限りはありませんが)外貨建て商品(預金、保険)や投資信託などの商品で用意するケースも近年では多くなっています。

外貨建て商品は日本円以外の金額で預金をする方法です。

外貨建預金(米ドル商品の場合)

1ドル100円の時にお金を100万円預けると、10000ドルで預金をすることになります。通常の定期預金よりも大きな利息が付きます。

しかしこの10000ドルを引き出そうと日本円に替えた時に当時より円高・・例えばドル80円だったとしたら80万円(元本のみで比較)になります。逆にその時に1ドル110円だった時は110万円(元本のみで比較)になります。そしてなおかつ日本円とドルの交換の時に所定の手数料が差し引かれます。

その時の日本円と米ドルの為替次第で金額が変わってくるという、日本円での定期預金よりもリスクがあり、リターンも大きい商品になります。

投資信託は一般的にはNISA等を利用する方法が有効です

上記の外貨建て預金や保険よりもリスクがありますが、少額で大きな金額にする可能性もある商品です。

投資信託は元本を大きく下回る可能性もありますので、商品の中でも比較的リスクの小さい商品を選択するのが望ましいです。

奨学金の利用

毎年教育資金は積み立ててきましたが、実際いざその時を迎えたら以外とお金がかかった。

もう少し何とかしなければという状態になったときは、国や民間企業から教育ローンという形で貸付を受けることができます。