ライフプラン 未分類

老後の年金不安|心配|を解消するためにはどうしたらよいか?

更新日:

Pocket


いよいよ年金支給開始年齢の引き上げ議論が本格的に

いよいよ年金支給開始年齢が現在の65歳から70歳に引き上げるという議論が2019年をめどに開始されるようです。人口が常に増え続ける前提で採算があっているこの制度。少子高齢化により、その採算が合わず、何とかやりくりできていたのかいないのか?ここまで制度としては持ちこたえてきました。

しかしいよいよ議論が始まるということです。

新聞記事では年金支給開始年齢の上限75歳とありましたが、年金支給開始が75歳になるかも知れないという議論ではありません。

70歳に設定して、早くほしい人は年金の繰上げ支給をして最も早くて65歳から受給可能。

もっとも遅い人は年金の繰下げ支給をして最も遅くて75歳まで受給を遅らせることができるというので、上限75歳という表現をしているだけです。

現状は65歳から原則支給開始で(一部の年齢の人を除く)、60歳から受け取ることも可能ですし、支給開始年齢を70歳までずらすことができるので、今と年齢が変更になるだけで制度は同じです。

年金の繰上げ支給や繰下げ支給は自分の行うもので、誰かに強要されるものでもありません。

年金繰上げ支給、繰下げ支給のおさらい

年金の繰上げ支給をすると、早く受け取れる分受け取れる金額は65歳時点で受け取れるはずだった金額よりも少なくなります。1カ月ごとに0.5%ずる年金額が少なくなります。60歳の時点ですぐほしい!となると

0.5%×12カ月×5年間=30% で本来の年金額より30%も減少します!

ではもらえる年齢を70歳に繰下げ支給するとどうなるかというと0.7%ずつ多くもらえます

0.7%×12カ月×5年間=42% で本来の年金額より42%多くなります
ウムム・・年金制度は賢くできてますね。

年金支給開始が5年遅れると機会損失はいくらか?

一般的な夫婦の事例でいくと夫サラリーマン、妻が専業主婦という典型的な世帯であれば現在は公的年金は22万円です。これが5年間ずれるとどうなるでしょうか?

かなーーり単純計算ですが、

22万円×5万円=110万×5年間=550万

単純計算で550万円の損失です。

しかし、、もっと恐ろしいことは無収入の期間があと5年増えるということです。

今は雇用延長などで、65歳まで働けることも増えてきました。しかし、現役時代と同じ条件というわけにはいきません。収入はおおよそ現役時代の半分と計算をするのが一般的です。この65歳まで雇用延長してくれるのはまだいい方です。

自衛隊の方等は55歳が定年だったりします。60歳定年の企業もまだあります。そうなると無収入の期間が70歳まで続くわけです。その期間夫婦で毎月22万円が生活費としてかかるんですよ。



年金支給上限の引き上げにどのように対処していくべきか?

①貯蓄額を増やす

②貯蓄から運用をして少しでも若い段階から大きなリターンを得る運用をすること

③60歳または65歳から70歳まででも働けるスキルを身につけておくこと。

④副業

私の職業がこのようなお話をするのはどうもタブー視されてしまいがちですが、もはや①、②では対処しきれない時代になってきていると思います。

では企業が定年今は65歳まで延長する企業が増えてきましたが、70歳まですぐに引き上げることができるでしょうか?企業が70歳まで雇用再延長しないとなると、年金制度に企業が追い付けない状況です。でも企業は責任を取ってくれないということになります。

今はFPでもこれまでの経験を生かして、シニア時代を生き抜くということでシニアのFPがキャリアコンサルタント等を行い報酬を得るケースがあります。このように資格を取得して活かして、収入につなげるという動きがFP業界にも出てきています。

④副業についてはだれかがオススメをしてくれるわけではありません。決して私も特定の方法をオススメするわけではないことを前提にお話します。

自分の人生は自分で決める。責任をもってやらなければならない手段です。私自身は全く興味はありませんが、ネットワークビジネスは有効な手段だと思っています。あまり、高収入な人の活動を崇拝するのではなく、地道に10万20万の収入を毎月得ている人をベンチマークしてみてはいかがでしょうか?またそのようなビジネスに関心を持ってみてはいかがでしょうか?

たくさんの出会いが毎日私もありますので、当然そのようなお仕事をしている方もいます。しかし、ちゃんと収入を得ている人はたくさんいます。

クラウドソーシングやブログの広告収入、不動産の家賃収入など、数え上げればきりがないくらいたくさんのチャンスがあります。

なにも月に100万、200万稼がなくてもいいんです。

例えば今40歳だったとして、60歳までコツコツと積み重ねれば、5万程度の収入を月に得ることは難しいことでしょうか?

運用と同じでとにかくコツコツとキャリアを積み重ねて、年金プラスオンを用意しておけば年金支給開始年齢が増えてもさほど怖くはないのではないでしょうか?

そこに運用の知識が加わればさらにオニに金棒です。

ますます厳しくなるこの時代、今まであやしいと思われていた運用や、新たなビジネスチャンスに目を向けないと私は人生をまっとうすることが難しい時期にきていると考えます。








-ライフプラン, 未分類

Copyright© FP(ファイナンシャルプランナー)をもっと身近に|札幌のFP金子 賢司 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.