日々の出来事 火災保険

保険は面倒がらずに詳しく内容を知っておけば結局は損をしません。

更新日:

Pocket




今日は朝からゴルフでした。8:30集合でしたが、しっかりと朝は6:30~スタートする倫理法人会の参加は忘れません。

女性の政治家の方がなぜこのような仕事をしているのか、今後どのような活動をしていきたいのかということを熱く語っていました。改めて自分の志って重要だなぁ・・と思いました。

朝食会には参加せずにすぐに家に戻り、着替えてゴルフ場へ・・前にも言いましたがゴルフが苦手な私が唯一1年に1回ゴルフクラブを握る日です。ついに練習も今回はせずに当日を迎えることになりました。

紆余曲折あり、最終的なスコアは129・・笑ってください。。

ゴルフから戻って17時から火災保険の契約が2件

いつも言っていますが、火災保険は火事の時だけ払うのではありませんよ!火事や雪害、風害、盗難で建物が破壊された、物を盗まれた、水漏れで天井が損傷した。。とにかくいろいろな要件で支払います。ただ一概に補償範囲を狭めたり、保険金額を下げたり、特約を外したり。。安くしようと思えばいくらでもできてしまいます。ネットで計算できてしまいますが、いろんな事故でどんな給付をする傾向があるのか?そのノウハウがないと火災保険は本当にただのお守り!になってしまい、実際に事故があったときはそれは補償の対象外ですね。。。となってしまうのです。

きちんと専門家にみてもらって、自分が心配しているリスクや気づいていないリスクも指摘してもらったうえで判断するとよいでしょう。



私は火災保険を担当していて特に多い損害が、凍結によって給排水管に亀裂が入って壁や天井が損害を与えるケース。また、給排水管の銅管が劣化により穴が開くケース(ピンホールといいます)の事故が多いです。いずれのケースも火災保険の給付事例の中の「不測かつ突発的な事故」による損害を補償する内容になっていないと給付されません。いろいろな容態によってケースは様々なので、必ず支払うことができますとは言えませんが、給付した事例は私は何度も経験しています。

明日も火災保険の契約があります。事故があって、それって保険で出ますよ。事故調査してみますか?といって、給付されてお客様が驚く姿を何度も見ています。そんなところをみて私もこの仕事やっていてよかった・・(実際はしてやったり)と思っています(笑)

保険はおすすめされるといやなので、詳しく聞きたくないと思われてしまいがちですが、詳しくきいて保険を使う人はきちんと使ってその大切さを知っています。興味をもつと思わぬ出費を防ぐ役にたつと私は確信しています。








-日々の出来事, 火災保険

Copyright© FP(ファイナンシャルプランナー)をもっと身近に|札幌のFP金子 賢司 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.