札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

FP技能士試験が終わった感想はどうですか?次に考えておきたいこと

      2017/01/10






本日はFP技能士2級と3級の試験でしたね。
みなさんどのような感想をお持ちでしょうか??

明日の10時模範解答が公開となるのでドキドキしますね。

自分も気が短い方なので、終わってから翌朝の10時までソワソワしていたものです。

試験を受けた方は今日はゆっくり休みましょう(笑)

私はFP技能士3級試験は1度目で合格をしましたが、FP技能士2級は一度不合格となりました。

そして2回目の挑戦で学科のみ合格。3回目でようやく合格を果たしました。

翌日の答え合わせでもうおおよその結果はわかってしまうので、この後の対策もたて安いですよね。


FP技能士3級もFP技能士2級試験も、試験当日だけ休んだらすぐに試験結果を待たずに次の勉強に入りましょう。

どういうことかというとFP技能士3級を受けた方はFP技能士2級試験をFP技能士2級試験を受けた方はFP技能士1級試験またはCFPの勉強を始めてしまえばよい。ということです。

CFPをうけるためにはAFPになる課題を受験しなければなりませんが、いずれはCFP試験を受けるのですからすぐに次のステップに進めるように準備を進めた方がよいと思います。

FP技能士の不思議なところは、社労士や税理士、宅建などあらゆる専門分野への入口となる分野を網羅しているので、もっともっと課目単位で極める意欲が出て他の専門資格にチャレンジしたくなってしまいたくなるのです。

私はこれから社会保険の分野を追及して社労士、不動産分野も追及して宅建資格。

最終的にはタックスプランニングの分野を追及して税理士資格も視野に置いています。

資格だけでは仕事はできませんが、自分の知識を常に研鑽していくことは重要です。

FPの仕事を続けていくといずれ、得意分野が出てきます。他のFPもなかなかやっていない分野なので、自分で勉強するしかありません。しかしこの分野は自分に任せろという分野ができるとそこだけでセミナーができたり、講師で呼ばれたりと一気にステージが変わります。

FP各分野の知識の追求と、仕事をしていくうえで出てきた案件の関連分野を追求すること。

この2つだけでももうやることがたくさんですね。

自分の知識や技能が高まり、それがお客様の為にもなり自分の収入にもなる。

こんな楽しいFPという仕事は本当にやめられません。

FP技能士資格を取った人は次のステップへ、そしてFP試験で培った知識や分野をさらに掘り下げていけば自分なりの得意分野ができてそこが収入につながりますよ







 - FP 独学 ファイナンシャルプランナー

by Kenji.Kaneko