札幌のFP(CFP)|生命保険、火災保険、自動車保険、確定拠出年金、住宅ローン、CFP独学取得講座はお任せ

札幌のFP(CFP)|生命保険、火災保険、自動車保険、確定拠出年金、住宅ローン、CFP独学取得講座はお任せ

円が一時期1年5カ月ぶりに109円台。円高は何が問題なの?

   




ここ数日円高が続いているというニュースが続いています。そして今日にいたってはほんの一瞬ではありますが、109円台を記録しました。
これは2014年10月以来の水準と言われています。

そもそも今円高傾向にある理由はアメリカが追加利上げをおこなわないのではないかという憶測があるためです。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が早期の利上げに慎重な姿勢を見せているためです。

なぜ利上げに慎重な姿勢をみせると円高になるのか?

米連邦準備理事会が利上げに慎重に・・と聞いただけでなんだか難しい出来事のような感じを覚えてしまいますが、とってもシンプルな話です。

利回りのよい商品と良くない商品があったら、みなさんはどちらを購入したいですか??とうぜん利回りがよい商品の方が同じ金額を投資していてももうかるわけですから、このまれます。
アメリカは利上げを今は控えたいというので、当然ドルと円の取引に関しては円に人気が集まります。すると円を買いたい人が多くなるので「円高ドル安」の方向に動きます。



円キャリー取引

しかし、円の金利はとてつもなく低いのでドルが利上げをおこなわなくても円を購入する意味はあるのでしょうか??
実は円とドルの金利差が大きければ大きいほど利益がでる円キャリー取引で収益を得ている人がいます。詳しいことはここでは説明しませんが、ドルの金利が上がれば円との金利の差が大きくなるのでこの円キャリー取引で儲けることができます。
しかし、思ったよりアメリカが金利を上げずに円との金利差が出ないのでドルを売却してしまうためにドル安になってしまうのです。

参考までに仮にイエレン議長が利上げしますと言えば、ドルを持っていたほうが利息が高いわけですからドルに人気がでて「円安ドル高」になるわけです。

今回は阿部総理が米紙のインタビューで競争的な通貨安は避けなければならないと発言し、政府の政策で円安に持っていくような方法はなるべくとらないようにしたいという意図がマーケットに伝わりました。過度な円高に動いても政府は円安にする政策を打ってくれないんだ・・じゃあ円安になることはあまり考えなくていいんだな・・とマーケットが思ってしまいならばもっと円を買っておこうという人が増え円高に向かう動きになってしまった。ということなのです。

しかしこれも一瞬の出来事で2016年4月6日の午前1時ごろには110円20円台に戻してきたようです。それでも円高傾向に圧力がかかっていることに変わりはありません。

1ドル円高になるだけで、トヨタは400億円の利益が飛ぶと言われています。日本はトヨタをはじめとした輸出業が日経平均株価を動かしていることが多く、マイナス金利で銀行の収益が下がるため銀行株が下落傾向にある上、円高で輸出企業も影響を受けるためこれらの企業の株式が売られ日経平均株価が低下傾向にあります。

日本の景気回復はまだまだ道半ばと言えるでしょう。






 - 金融資産運用, FP 独学 ファイナンシャルプランナー

by Kenji.Kaneko