札幌のFP(ファイナンシャルプランナー)金子 賢司

確定拠出年金セミナー、保険、住宅ローンのセミナー活動をしているFP(ファイナンシャルプランナー)です

将来設計を見直してみませんか?|私のライフプラン相談の特徴

      2017/07/12

 

ファイナンシャルプランナーはみなさんの夢の実現のお手伝いをします!!

ファイナンシャルプランナー紹介でこんな眉つばもののフレーズをよく見ます。確かにその通りなのですが、実際は地道な相談者の努力が必要です。

今の生活を続けていたら老後どうなるのか見てみたい、2人目の子供を希望するが、教育費等は将来大丈夫か?3000万の住を購入したいが、住宅ローンの返済をしながら生活できるだろうか?

実際にライフプラン表を作って、問題がない人はよほど収入の高い人たちです。

ほとんどの人が、希望が全部かなったという前提でシュミレーションをすると奥様のパート収入が必要だったり、節約を少ししなければいけない場合が多いです。

ライフプランをつくって、目標に向けて実行するのはお客様です

ライフプランをつくって、これで行きましょう!2人目のお子様ができ、全小中学校、高校、大学、全て私立でやっていくためには、家計の節約が少し必要ですね。ですとか、ご主人が65歳まで働く必要がありますね。などという課題が出てくる場合があります。ライフプラン表がそのように表しています!この通りに実行すればご希望がかないますよ。安心してください。。

お客様もすっかり不安も解消されてめでたしめでたし。というところでその場は終わるのですが、、

数年後再度相談に来られた方が、その時のライフプランを実行している人はまれであり、その時の資料を持っている人さえいないことに気が付きました。自分のやっていることは一体何なのか・・・。

お客様が目標に向けてよしやろう!とおもって実際に実行してくれないと夢なんか叶わない!という現実に私は直面しました。ライフプラン表という書類を渡しただけで、後は何かあれば声かけてください・・

それでいいのだろうかという疑問がありました。

ファイナンシャルプランナー(FP)です。と名刺を渡しただけで、「ああ!保険屋さんですか?」と言われてしまうくらい、ライフプランを作りますというサービスは浸透しておらず、ライフプラン作成をしてもお客様が実行したいという衝動に駆られるような内容になっていない。

一体この仕事って何なんだろうかと真剣に悩みました。

 

コーチングとの出会い

当時私は保険の方の営業成績が振るわず、結婚をしたばかりでこれから何としても営業としてやっていかなければということで、営業のコミュニケーション手段を勉強するためにコーチングを勉強し始めました。

コーチングは、その人の潜在能力を引き出し、目標達成への後押しをするという方法です言われました。

コーチングの定義はもしかしたら、その講師によって様々だと思いますが、ここではこのような定義だと思ってください。

私が一番コーチングで学んだことは、すぐに遠くの目標をみないで遠い目標を達成するためのちいさな目標をいくつも切り出して、その小さな目標の中から今できることに集中する。そして小さな目標を達成しているうちに大きな目標がいつの間にか近づいている。そんな感覚です。

たとえば、今月は営業で何件やりたいという目標を立てたとしたら、毎月の成約件数をまず割り出し、テレアポで1件、紹介で3件、ダイレクトメールで1件・・・というルートで契約成立したとしたら、テレアポ件数を倍にすれば2件になりますし、紹介依頼を倍にすれば6件、ダイレクトメールを倍にすれば2件。単純に倍になる。やるべきことば見えてきます。そのためにはテレアポ倍にするのだから、時間短縮する多面に名刺入れを取り出さないように、リスト化しておく。リストは事務員に作ってもらう。。などさらにいろんな細かいやるべきことができてきます。じゃあ今日やるべきことは。

まずはエクセルで電話番号リストを作る!今日はこれだけは必ずやろう。

そして必ずやることです。

・・・これだけです。

はい、、これだけです。

侮るなかれ、これを365日やれば365の目標が達成できるのです。

私はこれを今の本業に生かしています。

ライフプラン相談にコーチングをどのように生かすのか?1つの事例

これは出費を抑えたいとお客様が考えているときに有効です。

将来これくらいの貯蓄をしておかないと老後が厳しくなりますよ!という結果がライフプランを作成してできた場合は、本人にまず聞きます。

「出費抑えられそうですか?」

ときくと

「やっぱりね、、クレジットカード使いすぎるのはわかっているんだけど。。」

のような返答が返ってきます。

 

お客様はうすうす自分の悪い癖を知っていることがほとんどで、やっぱりそれ言われたか――!!と思っています。ここからがコーチングの本領発揮です。

 

「将来に向けての貯蓄をするために、今できそうなことはありますか?」

 

「そうねーークレジットカードの使用をゼロにするようにします!」

と言ったとすると、

「本当にできそうですか?今の時点では半分でもいいと思いますし、いくらに抑えるという目標でもいいと思いますよ」

コーチングはストレッチ目標といって、少し上の目標を目指すようにいいますが、私はできない目標よりもまずは決めた目標をクリアして、お客様が決めたことを達成できた!という喜びをまず知ってほしいのです。ただ、無理そうだからと言って決してとめません。あくまでもどうしたら本人が希望する結果が得られるかを聞いて、質問するだけです。

 

「ではクレジットカードの使用額を月に1万円から5千円にします。」

 

「わかりました。」

 

私はこれでは終わらせません。

 

「今月の中旬に一度進捗を確認しますがよろしいですか?」

 

と言います。

そして本当に連絡をします。

「どうですか?」

 

「金子さん!今月まだ一回も使ってないんです!」

 

「素晴らしいですね!この調子で目標を達成しましょう!」

といい、決して0にしろと言いません。

 

月末に確認をすると結果そのお客様はクレジットカードの使用額は0円だったのです!

 

そのお客様はその達成して、自分でできた!という喜びを感じ、様々な目標を自分で設定してついに貯蓄体質が出来上がりました。このまま行けば老後の年金の為の貯蓄目標も可能な月々の積立額に

なったのです。

 

ファイナンシャルプランナーが夢の実現のお手伝いをすると言ったところで、お客様が目標を自分で設定して地道に努力することでしか達成することができないのです。

 

ライフプランを作って、目標をお客様に作っていただき、今すぐできる目標を出してもらうまで私は返しません(笑)もちろん相談料がかかるわけではありません。キチンと皆さまの夢に携わって、目標を立てたからには実現をしてほしいと真剣に考えています。

ちょっと厳しいですが、私なりのファイナンシャルプランナーとしての接し方をちょっとだえお伝えしてみました。

ライザップの家計版のようなイメージだと思っていてください。

みなさんの夢の実現のお手伝いではなく後押しをします!

さまざまな場面でFP(ファイナンシャルプランナー)は相談ができます

私はライフプラン相談という場面で呼ばれたとしても、人生を送るにつれて、老後の生活資金の不安があったり、将来もらえる年金はいくらくらいなんだろう?会社辞めた時の手続きはどうする?ちょっと運用について基礎知識を知りたい、最近よく聞くイデコってなんなの?保険の基本的な考え方を知りたい、住宅ローンの基本知識を知りたい。ひいては相続が発生したらうちは相続税かかるの?そんな今後訪れるであろう問題の相談者でありたいと思っています。みなさんの周りに気軽にお金にまつわる相談者はいますか?

ぜひファイナンシャルプランナーを活用してみてください。








 - FP 独学 ファイナンシャルプランナー

by Kenji.Kaneko