札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

お金がなくて独学しかない!CFP勉強スタート!!

      2017/01/10





お金がなくて独学しかない!2年がかりでCFP取得

2015年6月の試験で私はCFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)に合格しました。

私はCFP合格まで、全て独学で貫き通しました。

理由は、資格学校に通う時間もお金もなかったから、、です(笑)保険の営業で当時はなかなか成果がでず、生活するのがやっとでした。

 

CFPを勉強し続けるモチベーション維持

私は 保険代理店で保険業を営んでいますので、
リスクと保険科目に関しての知識は多少アドバンテージはあるとは思いますが、、
AFPを取得して、よし!この調子でCFPもとるぞーー!

 

と思って本屋さんでCFPのテキストや過去問を立ち読みしたら難しすぎて倒れそうになった。。そんな経験もしていますですので、これに立ち向かうためのモチベーションは必要かなと思います。私はなんとしても他の保険営業より一歩リードしたかったのです。全員がそうではありませんが、保険の営業というのは一度契約をしたらはい、終わり。数年後に「このたび退職することになりまして、、」という手紙がきたり、まだそんなのはいい方で住所変更するから●●さんお願いします。というと、、もう彼は退職しました。。なんていうこともよくある話。

保険の契約は一生のお付き合いを約束するものです。

 

住宅の購入、子どもが生まれたら子どもの教育資金、相続、老後の資産形成など、保険だけでなく自分と契約してくれたらそんな相談サービスが無料で受けられる!私はそんな自分への付加価値がどうしても欲しかったのです。

 

かつての師匠からは「知識は礼儀だ」と言われました。

 

相談できるファイナンシャルプランナーの名前が書かれているリストをお客さんが持っていて、この中から相談したい人を選んでください。その横に保有資格等の情報もありますからという状況になったら、私なら資格を持っているファイナンシャルプランナーを間違いなく選びます。

なぜこういう話をしたかというと、これは勉強したなぁと思っても、落ちる科目もありました。

なぜここまでやったのにあと、1問、2問だったのに・・という結果も起こりえます。実際私は有りました。

できる限り万全の体制のつもりでこちらは試験に臨んでいるつもりだったので、科目を落とすとこれでダメなら一体何したらいいのと絶望してしまいます。

それでもまた立ち直って仕事の合間に勉強して、試験を受ける状態に立ち直るには、自分がなんでこんなに勉強するのかという原点に立ち返らないと流されてしまうからです。




まずは自分の仕事と関連するリスクと保険とファイナンシャルプランニングから受験

まずは私は弾みをつけようと2013年の6月の試験でリスクと保険、とファイナンシャルプランニングを受験しました。リスクと保険は私は業種的なこともあって、優位かもしれませんが、この科目は比較的内容もやさしく範囲も少ないので、誰でもまず弾みをつけるためにもゲットしておきたい優しい科目なのです。多くの人がこのリスクと保険は一番簡単と思う科目なのではないでしょうか?ですので大したアドバンテージはありませんでした。

 

しかしCFPの過去問が1問もわからない・・

全体的に言えることですが、テキストをまともに読んで過去問をやって、、
ということであれば生半可な勉強では合格できません。テキストを読んで、過去問を解いてみようと思うと、あれだけテキストにチェックをしてまとめノートをつくって時間かけたのに、、過去問題が1問もわからない。。
少なくとも私はそうでした。
安心してほしいのは2年後に合格した私が、当時そんな状態だった!ということです。

独学でCFPを取得したことが評価されたのか、FPの業界紙「FPジャーナル」に私の受験記が掲載されました。↓↓

独学でCFPを取得体験記シリーズ↓↓








 - 資格, FP 独学 ファイナンシャルプランナー

by Kenji.Kaneko