札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

いつの間にかタダのデブになり下がっていた私が年間14キロのダイエットに成功した方法

      2017/01/01





もともと学生時代は部活に熱中していて、人よりも筋肉質だった私。

大学を卒業して、社会人になって15年位はジムにも通い、脂肪がつくなんてとんでもなーーいなんて言っていた時代がありました。しかし、忙しくなり、ジムにも通う時間が取れなくなっていきました。お付き合いでの飲み会も増えていきました。

でも自分はスタイルがよいとずっと思いこんでいたのです。

認めたくなかった友人の一言

とある会社の会合で、、ちょっとお恥ずかしい話ですが研修の席で芸をやらなければならず、、これが研修の一環なのかよくわかりませんが「自分の殻を破る」という研修で、ちょっとバカなことをやらなければならない場面がありました。何をやろうかと考えたときにありがちですが男子で白鳥の湖の衣装を着て、不慣れな踊りを披露するというものでした。それ自体は別にネタにもしたくなかったのですが、かなりの人数の中でそれをやって、自分の出番が終わった後、

「いやーー最高だったよ^^」

「ぽっこりお腹が最高」

「!!あの・・今なんていいました??」

「え??」

「ぽっこりお腹が最高」

私は大ショックを受けました。その時点でも私は昔の筋肉質で多少人と比べればスタイルがよいと思い込んでいたのです。そんな思い込みも他人からしてみれば「ただのデブ」になり下がっていたのです。

何かしなければ・・

私は考えましたが、ジムも通う時間がない・・しかしとある日新聞の折り込みに某有名フィットネスクラブのチラシが入っていました。家から近く、深夜までやっているため・・なんとか通えるかな?やってみようということですぐに入会。

昔のような体型に戻すんだ!!と必死に筋トレとランニングと、エアロビのようなジムに用意されているエクササイズプログラムに参加する毎日・・滞在時間は毎回2~3時間。

でも家が近いにしてもそんなに通う時間もない・・

最初は週に3,4回通っていましたが、週1から週2回に通う回数が減少。

いろいろエクササイズをしてきたのでわかりますが、週1、2では効果が出ないんです。増やそうとしましたがもうあっという間にモチベーションが下がってきました。

もう普通のぽっこりお腹中年になり下がろうか・・

そんなあきらめがよぎり始めていました。



ジャザサイズ(Jazzercise)との出会い

とある日、お正月でした。知人から、

「ジャザサイズって知ってます?」

と言われました。エクササイズが好きということを知っていたこの知人は私に一緒に見に行かないか?と言ってきたのです。しかも開催場所も自宅近くのスーパーの中!実は私このチラシを1年前に手に取っていたのです。

もしかしてジャザサイズって・・そのスーパーの店の中でやっているやつですか?

まさにその通りでした。

一緒に行こうと言っていた日は実は得意先のあいさつ回りに行かなければならず、開催して10分くらいで出なければいけなかったのです。別の機会にすればよかったのですが、その日以降は会場の都合で2週間お休みをしなければならない・・という先方の事情も偶然重なりどうしても今見てみたいということで無理やり見学だけしたいですという要望を了解してもらい当日会場に行きました。

最新の洋楽に合わせて身体を動かす1時間のエクササイズです。

見た時間は約10分くらいだったのですが、何か不思議な縁を感じた私は入会をすることにしました。1時間で終わるということと、音楽が最新の曲を使用しているということでラジオや店舗にいくとあ!この曲こないだやっていた・・と頭から曲が離れなくなっていきます。

ある日体型の変化に気づき始める

ジャザサイズは1時間とはいえ真剣にずっと飛ばしていくとかなりハードです。ぽっこりデブでしたが、真剣にやることは心がけていたつもり・・そんなスタンスで週3回ぐらいで当時は通っていました。

入会して2カ月くらいたって、ふと鏡で自分の姿を見てみると、肩の筋肉が今までなかったような着き方をしていることに気づきます。

「!!なんだこれは」

ジャザサイズは後半ウェイトトレーニング等もあるため、その効果が出たのだと確信しました。

「これはすごい!」

と思いもっと通ってみようと思うようになりました。

いつしかほぼ毎日通うようになりました。

週5回開催していて、そんなに通うなんて無理―!なんて思っていましたが、こんなに効果があるんならもっと通ったらどうなるんだろう。そんな希望にいつの間にか満ち溢れはじめていたので、自分の意思で時間を作り、ジャザサイズに通うことに優先順位の重きを置いていたのです。

肩の周り、そしてお腹の前の部分、腕に血管が見え始め、みるみる変化が出てきました。

最後の砦!脇腹のお肉

ところが最後の砦、脇腹のお肉との戦いが長期戦でした。基準は直立したときにつまめるかつまめないかというあいまいな基準ではありますが。脇腹の背中側がなかなか取れない。。自分なりに納得いくまでここだけは半年くらいかかったでしょうか?

ただ、今では誰がどう見てもやせたよねーーと言ってくれます。そうそうこれをいうのを忘れました。食事制限を全然していないんです。

頻度が多く通っている人は、効果を実感してもっと通いたいというひとが多いと思います。

本人が感じていなくても、昔の写真とくらべると断然外見が変わっていることも多いです。

ぜひ体型の気になる方はジャザサイズを体験していただきたいと思います。








 - ジャザサイズ(Jazzercise), 趣味

by Kenji.Kaneko