札幌のFP(CFP)|生命保険、火災保険、自動車保険、確定拠出年金、住宅ローン、CFP独学取得講座はお任せ

札幌のFP(CFP)|生命保険、火災保険、自動車保険、確定拠出年金、住宅ローン、CFP独学取得講座はお任せ

コーチングとは|FPとして行き詰っていたころ

      2017/02/16





FPとして行き詰っていたころ・・

2014年の3月に私はコーチングというものを初めて知りました。

コーチングに出会ったきっかけはとある保険会社の営業マンとの出会いがきっかけでした。

keijj44 / Pixabay

全くそういう能力開発とかを信用していなかった私ですが、その保険会社の優績者がコーチングというのをそろって口にしていたので、興味は持ち始めていました。

 

今年の3月に体験30分1000円という機会があり、まあだまされたと思ってコーチング体験をしてみようか?と思って参加したのでした。とくに相談したい内容も見つからずに臨みました。

 

自分の営業活動を180度変えたコーチング

それ以来私はずっとこのコーチングを続けています。そして、今はコーチングをする側で、人間には無限の可能性があることを確信して、「私なんて、、」「あいつは何をやってもダメ、、」という言葉を全否定したい。どんな人でも、必ず変われる。

 

可能性があることを身をもって証明し、今自分に自信を失っている人に力を取り戻してもらうお手伝いをしていきたいと真剣に思うようになりました。

 

さて、初めてコーチングの門をたたき特に相談事もない状態で当日に臨んだ私。
今日なにか相談したいことはありますか?と聞かれて、しばらく考えて今の仕事の業績を上げたいと漠然とした目標をあげました。




業績が上がったらどうなりますか?
⇒私:それは豊かな生活ができて、たくさんの人に役だっている証になり自信になりますよね。

 

自分に自信があったらどうなりますか?
⇒私:自分はすごく劣等感が強いので、そんな自分でも自信が持てるようになるって身をもって伝えたいですよね。

 

このやり取りはもう少し続きますが、自分の目標が最期何を目指しているのかというミッションまで昇化していきました。

 

ところで、、その理想の状態と比べて今は何点ですか?

 

⇒私:・・・30点くらいですかね。。

 

どうしたら埋められますか?

 

⇒私:もっと契約が取れたら、、という前に見込み客を増やしたいですね。

 

どうしたら増やせると思いますか?

 

⇒私:たくさんの人に話をすること、、とわかってはいるんですが自分なんかの話をなんだか誰も聞いてくれる人はいないんじゃないかと思って、、今は知り合いを頼りにしてるんです。

 

・・・私のこの発言にコーチが切り込んできました(笑)

 

当たり前のようで一番衝撃を受けた質問

Tumisu / Pixabay

逆に金子さんはどんな人だったら保険に入ろうと思うんですか?

⇒私:え!?そりゃあ、明るくて、熱心にお勧めされたら話しは聴こうと思いますよね。。

 

自分が当時、実際やっていたスタイルとは全く違う返答を自分はしていました。
かといって、安易にじゃあ明るく熱心な営業に変われるかというとそんな簡単ではありません。

 

ここからKAIZEN(改善)の日々が始まっていきます。








 - コーチング

by Kenji.Kaneko