札幌のFP(ファイナンシャルプランナー)金子 賢司

確定拠出年金セミナー、保険、住宅ローンのセミナー活動をしているFP(ファイナンシャルプランナー)です

確定拠出年金(401k)個人型のしくみ

      2016/11/07



国が貯蓄から投資へ、そして老後資金を十分用意するために年金制度のほかにこの確定拠出年金という制度に非常に大きな税制の優遇措置を設けて導入を進めています。

確定拠出年金とは、一定の拠出額をあらかじめ用意された商品に投資をして運用を続け、60歳以降にその運用結果を受け取るというものです。

大きな企業が導入してその社員が加入をするというイメージが強い確定拠出年金ですが、自営業者や企業年金などがない会社員も加入することができます。2017年1月からは専業主婦と公務員も対象になります

個人型年金の加入対象

・60歳未満の自営業者(第一号被保険者
・企業年金(企業型年金や確定給付企業年金、厚生年金基金など)のない会社員(第二号被保険者

・2017年1月から専業主婦、公務員




個人型年金の掛金

第一号被保険者、第二号被保険者は掛金を自分で拠出することができます。

個人型年金は国民年金基金連合会が定める個人型年金規約に基づいて運営されており、その業務は金融機関などの運営管理機関に業務を委託しています。

そしてその掛金は5000円以上で1000円単位で拠出することができますが上限額が定められています。

第一号被保険者・・・68,000円/月

個人型年金掛金、国民年金付加保険料、国民年金基金掛金を合算して68,000円まで

国民年金保険料が納付されていない月は拠出付加、国民年金保険料免除者、農業者年金の被保険者は拠出ができません。

国民年金保険料免除者のうち、一定の障害状態の人、厚生労働省の指定する一定の施設に入所している物は拠出することができます。

 

第二号被保険者・・・23,000円/月

勤務先に企業型年金がある人、厚生年金基金、確定給付企業年金などほかの企業年金の対象者は拠出付加。公務員は2017年1月から拠出可能

第三号被保険者・・・未定

2017年1月から拠出可能となります。

 

掛金額の変更

掛金額は毎年4月から3月の間に1度見直すことができます。いったん掛金の拠出を中断したり、再開したりすることも可能です。

個人型年金の税制上のメリット

企業型の確定拠出年金のメリットと同様になります。

セミナー、執筆、講演、相談などの依頼はこちらまで

[blogcard url="http://kane4611.xsrv.jp/fp-cfp-introduction"]






 - ファイナンシャルプランナー(FP), 確定拠出年金(DC)401k

by Kenji.Kaneko