札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

良い遺言の日

   




4月15日は415(良い遺言の日)なのだそうです。語源に関しては諸説あるようですが「良い遺言(いごん)の日」は、語呂合わせで4月15日に弁護士会で毎年開催しているイベントで、遺言の制度や概要を市民の皆様に広く知って頂き、有効に活用して頂こうという趣旨でつくられたようです。

そんな日に私は良い遺言の日、記念講演会の講師をさせていただくことになりました。
FP い遺言の日当日のポスターです



私は今回,「激変の時代」という言葉を今回の講演会のタイトルに使わせていただきましたが、まさにその激変を表す象徴的な出来事が、この企画がきまった後に起こりました。それは今年の1月29日に日銀の黒田総裁が発表して2月16日から導入されたマイナス金利政策です。
マイナス金利自体は様々なメディアで取り上げられて、銀行に私たちが預金を預けるとお金を今まではもらえていたのですが、お金を預けるとマイナスだからお金を取られる・・・・というものではないことはおそらくみなさんも理解をしてほっと胸をなでおろしていたことと思います。

しかし、かといって私たちに全く関係ないかと言えばそうではありません。周知の通りではありますが、保険会社は採算の合わない商品の販売中しや見直しを既に始めています。

金利は過去最低に・・新しい運用商品の選別にも着手

銀行は普通預金の金利をさげ、定期預金の金利も過去最低の金利となっています。このような背景の中、いかにして今までのような金利を維持できる商品を見つけるかが世の中の関心ごとになっています。また、中には少しリスクのある外貨建ての保険に挑戦をしたりする動きは多少なりともみられるようになりました。
一部のインターネット銀行や地方銀行ではこの機会をチャンスととらえ、あえて金利の高い商品などを販売している動きもあります。このような情報をしっかりと押さえておくことが重要です。

インターネット銀行や気軽に足を運べない道外の地方銀行ですか。そういった方にはなかなか馴染みにくいとはおもいますが、是非アンテナを高くしていただきたいという思いで講演をさせていただきます。

 

詐欺やトラブルに注意

しかし、たくさんの情報を得ようとネットワークを拡げた結果、多種多様な詐欺の手口にさらされることにもなります。4月からスタートする電気の小売り自由化も直近の大きなお金に関する話題ではありますが、これに関しても様々な手口で家の中に入り込み、電気の自由化と称して全く別の商品を売り付ける等のトラブルが早くも発生しているようです。

私たちは新しい情報と、その社会情勢の変化に乗じて新しい商品が登場するとともに必ず付け込んでだまし取ろうとする人たちがあらわれるという両面をアンテナを高くして知っておく必要があります。

今般の電力の自由化やマイナス金利に伴う対応策事例の解説や提案をしたり、それにともなっておこるトラブルの事例などもご紹介したいと思います。

いかにみなさんの老後資金を守る、そして大切な資産をいたずらに減らさないという点からお話をしていきます。

開催日
2016年4月15日
13:30~
開催場所
わくわくホリデーホール
札幌市民ホールの2階、第一会議室でおこないます。






 - 相続・事業承継

by Kenji.Kaneko