札幌のFP|確定拠出年金(401k|DC)セミナー|CFPの独学取得講師はお任せ

確定拠出年金(DC)制度401kやFP資格取得方法、iDeCoの解説について掲載しています

ブログ開始から10カ月目に突入|PVの推移|PVを呼ぶブログのコツ

      2016/12/02




ブログを初めて10カ月目に突入

以下記事数とPVの推移です。よくブログに掲載されている方の実績をみるとものすごい成功事例ばかりで少々恥ずかしいですが・・PVの数よりも、運営にあたっての紆余曲折に注目していただきたいと思います。

blogknowledge-720x417

私のブログは経済に関すること、保険に関すること、社会保障に関することというちょっと難しいというか固い内容が多いです。それでも1から4ヶ月目までは着実に記事数を重ねてPVが増加しているのがお分かりいただけると思います。

そして5ヶ月目でPVが爆発しているように見えますが、これは2016年1月29日に日銀の黒田総裁がマイナス金利の導入を発表し、ん??マイナス金利って何?銀行に預けたらお金がひかれるの??と思って調べ、自分なりに解説を加えた記事が大ヒット。

芸能やゲームネタが多い「バズる」という現象も、経済に関してのネタでもみなさんの気になっていることがきちんとつかめればPVが急増させられるということを教えてもらいました。

マイナス金利について分かりやすく書きました②生命保険はどうなる??

PV2016.7

ブログ開設5カ月後に悪夢

PVがせっかく爆発しているのだからそのままにしておけばよかったものをもっともっとPVがほしい!マイナス金利ネタは検索エンジンの1ページ目に来ており、絶対に負けたくないと欲が出てしまいました。




そこでSEO対策を調べていったところ間違った方法を採用してしまい取り返しのつかない事態が起きました。5ヶ月目の後半に起きたできごとなので、あまり目立ちませんが、これまでの努力がすべてパーになってしまったのです。

yjimage

 

簡単にいえばパーマリンクをいじってしまったということです。詳しいことはここでは割愛しますが、とにかく昔のファミコンでロールプレイングゲームをしていて、保存をせずにリセットボタンを押してしまった。。苦労が水の泡状態になってしまったのです。

すっかり落ち込んでブログ開始から7、8カ月目はほとんど更新をしていないことがお分かりいただけると思います(笑)

しかし記事が消えてしまったわけではなく、一定の記事数があったため、記事をインデックスすることで、4カ月目くらいの水準でなんとかPVの下落幅もとどまってくれました。

きっかけはイギリスのEU離脱

2016年4月、5月はほぼ放置でもうブログやめようと思い始めていました。6月も実はほぼ放置はつづいていましたが、イギリスEU離脱問題が起こり、これはマイナス金利以来のビッグニュース!ということで記事を書きました。

これがやはり大ヒット!それなりの収益も得ることができました。

もう一度ブログやってみよう!モチベーションが今一度わいてきた出来事でした。

6月末からは毎日2記事を必ず更新。しかし、モチベーションがかつてちがうので、記事の内容も徹底的に調べ抜いて、自分がイマイチ理解していない状態では更新しないよう心がけています。

ブログを書くと同時に自分の知識も洗練されていき、一石二鳥です。

ブログをおしゃれに飾るために画像を入れたりもしてみました。今までは何となく面倒くさくてやっていなかったのです。

 

ブログは時間をかけて調べあげれば必ずPVは上昇する

yjimageDSFO03RR

イギリスのEU離脱記事でヒットするまでは何となくちゃちゃっと毎日書いている感じでしたが、それ以降はじっくり調べあげて書いています。したがって記事の内容はかなりマニアックですが、1記事あたりで呼び込めるPVの件数は2から3PVだったのが30から40PVになっています。

これを1日2本、30日続ければ

2本×30から40PV×30日(一か月)=1800PVから2400PVずつ毎月積み重なっていくという計算になります。

そして何となく今回の記事はPV伸びるぞーーというのが把握できるようになってきました。これは感覚的なものです。

ただ、マニアックな記事でもみんなの役に立ってほしいとじっくり記述した記事は必ず見てくれるひとがたくさん現れるという法則のようなものを発見しました。

たいしたPVを得ていないのにちょっとエラそうな記述でしたが、自分の体験をお話させていただきました。今はパーマリンクをいじった影響がまだ残っていて、ドメインにパワーがなく、グーグルからの評価も低い状態ですが、みなさんの役に立つ記事を重ねて復活する日を待ちたいと思います。






 - ブログ

by Kenji.Kaneko